フォレスター価格・内装・値引き・燃費・サイズ・車中泊・カスタムSTIを徹底調査!

乗り換えの人は必見!下取り車は必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

愛車を賢く・高く売るなら一括査定
実績豊富な優良の買取会社が対応するから安心!
完全無料!登録は1分簡単依頼!
価格に納得できなければキャンセルも簡単安心!

スポンサーリンク



新型フォレスターフルモデルチェンジ後のアドバンスの価格内装・値引き・燃費・サイズ車中泊・カスタムSTI・を中心にフルモデルチェンジを受けたフォレスターを調べました!フォレスターは通勤にも、奥様の買い物にも、アウトドア派のレジャーや車中泊にも使える走破性が高いSUVであり、気軽に使えるサイズのSUVだと思います。休日の贅沢な時間を新型フォレスターで過ごしてみませんか?

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

スポンサーリンク

フォレスター・新型フォレスターの価格

このサイトの他のページでは他社ライバルSUVとの比較を取り上げていますが、AWD(4WD)ミドルサイズSUVとしては新型フォレスターはかなり格安の車両本体価格です。グレードは4グレード。FF車も作らずシンプルなグレード構成も低価格の設定が出来る秘密ではないかと思ってしまいます。メーカーの標準装備に満足できない方はメーカーオプションを選択する。メーカにとってもコストダウンしやすく、ユーザーにとっても分かりやすく親切な販売方法だと思います。新型フォレスターをグレード別に価格の紹介いたします。

新型フォレスターグレード別新車価格

【Touring】ツーリング(2.5Lガソリン 水平対向4気筒 ) 2,808,000円 (消費税込)
4WDの基本性能はもちろん、最新の予防安全装置サポカーS ワイドも装備したスタンダードモデル

【X-BREAK】エックスブレイク(2.5L ガソリン水平対向4気筒 )2,916,000円(消費税込)
Touringをベースによりアクティブな走りを可能にしたアイテムを装備。外装の追加パーツもアウトドアライフより楽しめる、アウトドア派を意識したモデルです。

Touringをベースに高級装備を標準化。快適性と高級感を備えたハイグレードモデル。
【Premium】プレミアム(2.5Lガソリン 水平対向4気筒 ) 3,024,000円 (消費税込)

最新の安全装備、新感覚マイルドハイブリッド「e-BOXER」搭載のハイグレードモデル。
【Advance】アドバンス(2.0Lハイブリッド 水平対向4気筒 +モーター) 3,132,000円(消費税込)

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

フォレスター・新型フォレスターの購入諸費用と値引き額

フォレスター アドバンスで簡単な見積もり例を紹介します。

A 車両本体価格 (消費税等込)
型式SKEA5GL3,099,600円

グレードAdvance

駆動方式AWD (常時全輪駆動)

トランスミッションリニアトロニック

色仕様1X20 32,400円外装色クリスタルホワイト・パール

内装色ブラック内装

メーカーオプションKS 280,800円

パワーリヤゲート
本革シート
大型サンルーフ
アイサイトセイフティプラス(視界拡張)

小計3,412,800 円

B
ナビ・オーディオ・ETC・アクセサリー (消費税等込)
カロッツェリア 楽ナビ155,520円

ベースキット93,960円(フロアカーペット含む)

小計249,480 円

支払い合計金額
A+B
3,662,280 円(消費税等8%込)

C

諸費用概算\250000(概算です)
税金保険料
リサイクル費用
登録諸費用(参考価格・消費税込
税金保険料内訳
自動車取得税
自動車重量税
自賠責保険(37ヶ月)
自動車税など

A+B+C(支払総合計)
3912280円

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

2019/01現在 フォレスターの車両本体からの目標値引き額が15万円
オプション総額の25%引き。

上記見積もりの場合、オプション総額 530280 円ですので約13万円ほどの値引きは可能な線です

これで値引き総額が28万円になりますので支払総額363万円位でしょう。

最後の一声「360万円なら即決しますよ」ならギリ可能な線で限界値引きを引き出せるかもしれません。

但し、「その額は無理です」と言われたら営業マンも出来ないものは出来ませんので一歩引いてあげてくださいませ。

オプションは
パワーリヤゲート
本革シート
大型サンルーフ
アイサイトセイフティプラス(視界拡張)
クリスタルホワイト・パール(32,400円)

と最高グレードのAWD 豪華仕様車が363万円なら他車ライバルSUVと比べかなり割安です。ライバル車と並べても見劣りしません。フォレスターの新車はやはりお買い得なSUVと言っていいでしょう。

下取り車がある場合にはディーラー任せにせず、必ず一括査定でご自分のお車の「本当の価値」を確かめたうえで査定してもらってください。

ディーラー査定が、買取価格を上回るのは、余程の不人気車か「事故歴アリ」を見落とした場合位です。ディーラー査定を10万円単位で高く買い取ってもらえることはざらにありますので、一括査定は必ず一度はしてくださいね。

スポンサーリンク

フォレスター・新型フォレスターの内装

【Advance専用】メーカーオプション本革シート[ブラウン(シルバーステッチ)]108000円(セットオプションの為参考価格)高級感あふれるブラウンとオーソドックスなブラックの2種類の本革シートを選べるAdvance。本革シートはセットオプションの為単品注文は不可の様ですが、計算上は108000円とかなり割安な設定価格です。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

【Advance&Premium用】メーカーオプション本革シート[ブラック(シルバーステッチ)]108000円(セットオプションの為参考価格)Premiumには、ブラックの本革シートがメーカーオプションとして用意されています。ドア内張にも同色加飾がなされより豪華さを増しています。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

【Advance&Premium用】ファブリック/トリコット+合成皮革(シルバーステッチ)標準装備 ファブリックシートは滑りにくくホールド性は抜群ブラックは内装色と共にシックな高級感が感じられます。

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

【X-BREAK】撥水ファブリック/合成皮革(レッドオレンジステッチ)シート。撥水ファブリックは汚れにも強くアウトドアの使用の強い味方になるでしょう。特にウインタースポーツ、雪などの水ぬれを気にせず使えるのは嬉しい仕様。SUVにはぴったりの素材です。ツートンカラーのシート、オレンジのステッチ、同色のダッシュボード周りの加飾がアウトドアSUVの雰囲気を盛り上げます。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

【Touring】用ファブリック/トリコット+合成皮革(シルバーステッチ)シンプルで落ち着いた雰囲気のファブリックシート、形状はPremiumと変わらずホールド性、座り心地に差はありません。スタンダードモデルの品質の良さをはっきりと表すパーツでしょう。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

シート素材は本革、撥水ファブリック、ファブリックの3種類です。内装の雰囲気は素材で変わりますが、SUVらしくシンプルかつ実用的で十分な居住空間を確保できています。

スポンサーリンク

フォレスター・新型フォレスターの燃費

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

フォレスター2.5ℓ【ツーリング/プレミアム/X-ブレーク】燃費

WLTCモード(総合)13.2km/L
市街地モード 9.6km/L
郊外モード 14.6km/L
高速道路モード 16.4km/L

フォレスター2.0ℓ+モーター【アドバンス】燃費

WLTCモード(総合)14.0km/L
市街地モード 11.2km/L
郊外モード 14.2km/L
高速道路モード 16.0km/L

新型フォレスター「e-BOXER」に本格的なハイブリッドのモーター走行を期待すると少々期待外れに思ってしまうかもしれません。スタート時には間違いなくモーターで走行しますが、他メーカーのハイブリッド車と比べるとモーターのみの走行感覚は少なく、アクセルを踏めばエンジンが始動するという感覚です。

新型フォレスター ZEN AUTO WEB

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

スバル自体もモーターはあくまでガソリンエンジンの補助的なもので、ハイブリッドならではの極端な低燃費は実現していませんが車両重要1.5トンを超える4WDでWLTCモード(総合)14.0km/Lは十分低燃費車と呼べる性能でしょう。2.5L新開発エンジンも2.0L「e-BOXER」に近いWLTCモード(総合)13.2km/Lの低燃費を実現していることは驚きです。世界に誇れる水平対向エンジンは、確実に進化していると言っていいでしょう。

フォレスター・新型フォレスターのエンジン性能

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

フォレスター2.5ℓエンジン性能

型式: 5BA-SK9
エンジン型式:FB25
パワーユニット: 2.5L水平対向4気筒
内径×行程:94.0mm×90.0mm
総排気量: 2498cc
圧縮比:12.0
最高出力(エンジン):184ps/5800rpm
最大トルク(エンジン):24.4kg-m/4400rpm
燃料供給装置:筒内直接燃料噴射装置
燃料タンク容量(L):63L

フォレスター2.0ℓ+モーター性能

型式: 5AA-SKE
エンジン型式:FB20
パワーユニット: 2.0L水平対向4気筒+モーター(e-BOXER)
内径×行程:84.0mm×90.0mm
総排気量: 1995cc
圧縮比:12.5
最高出力(エンジン):145ps/6000rpm
最大トルク(エンジン):19.2kg-m/4000rpm
燃料供給装置:筒内直接燃料噴射装置
燃料タンク容量(L):48L

モーター
型式・種類:MA1・交流同期電動機
最高出力(モーター):10kW(13.6ps)
最大トルク(モーター):65N・m(6.6kg-m)

動力用主電池
種類:リチウムイオン電池
容量(Ah):4.8 Ah

新型フォレスターのエンジンは2.5LNAエンジンで184ps/5800rpm、2.0L+モーター(e-BOXER)で145ps/6000rpmモーター出力(13.6ps)良くも、悪くも、近年のエンジンとしては非力でも無く、超高性能というわけでもない平均的はパワーを低燃費で出しています。モーター出力に関しては本当にエンジンの補助にある13.6PSというスペックでは素直にハイブリッド車とは呼べない数値でしょう。スバルファンにすれば旧型XT 2Lターボで280PSを出せることを知っているだけに、非力になったと嘆く方々もいらっしゃるようですが、環境性能、低燃費の実現と確実に進化しているエンジンの搭載は、最新のSUVとしては致し方ないところでしょう。万が一ですが、2.5Lターボという追加が絶対にないとも言い切れません。その時には低燃費、高出力SUVの復活を互いに素直に喜びましょう。

フォレスター・新型フォレスターのサイズ

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

新型フォレスターのサイズ

全長:4625mm
全幅:1815mm
全高:1715mm

室内長:2110mm
室内幅:1545mm
室内高:1270mm

ホイールベース;2670mm
トレッド;1565mm
トレッド後:1570mm
最低地上高:220mm

車両重量:1520~1550kg

【アドバンス 1640~1660kg】

車両総重量1805~1835kg

【アドバンス1915~1935kg】

乗車定員(名)5

【X-ブレーク】
全高:1730mm

最小回転半径:5.4m

最近の傾向として、ミドルサイズSUVの新型が出るたび数センチずつ大型化し全幅1850に近づきつつあります。フォレスターをライバルSUVと比べても小さく感じることはないと思いますが、数値的にはフォレスターは比較的細身の全幅になっています。運転席の座面の高い分運転者の視点も高くなり、視界も良く、スクエアーなボディーは見切りが良く運転はしやすいSUVと言っていいでしょう。最小回転半径:5.4mはライバルSUVよりは小回りも効き取り回しに苦労することは少ないと思います。女性でも車体の大きさにはすぐに慣れて、運転にはすぐに慣れてしまうという口コミが多くありました。

フォレスター・新型フォレスターの車中泊

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

4WD SUVと言えばウインタースポーツや、悪路の走行など一般の車では走行が不可能な道なき道を走破する楽しみがメインでしたが、ここ最近気軽に旅行に出かける「車中泊」がフォレスターでも可能でSUVの楽しみ方がまた一つ増えた感じがしてきています。リヤシートを前方に倒すと、大人2名が十分寝られるスペースが確保できます。

又、車中泊を快適にするためのグッズも多く発売され、道の駅を中心に安心して車中泊を楽しめる駐車場も整備され増えています。準備さえ整えれば1年じゅう、何時でも旅行を気軽に楽しめるようになりました。新形フォレスターを手に入れたなら、ぜひ車中泊にチャレンジしてみて下さい。車中泊を快適に過ごす為のグッズを紹介します。

まずは簡単に揃えられる小物から。アイマスクと耳栓。100均で揃えられますね。安眠するには非常に役立ちます。100均で探せば、車中泊用品が自作で来るかもしれません。下に紹介するサンシェードなど、材料さえ見つかれば自作はそう難しくないような気がします、上手に100均を使ってください。

次に用意したいのはエアーマット「車中泊 エアーマット」で検索しますと2000円から1万円位で「楽天」「アマゾン」で沢山出てきます。ご予算とお好みで探してみて下さい。ユーザーレビューが役立ちます。

 

外からの視線を遮断し、安眠空間を作るためには「車中泊用サンシェード」1万円から2万円弱で見つかります。自作をしてみようと思う方は「アルミロールマットLL」で検索すると速に言う「銀マット」の大きいものが見つかります。紙で型どりし、実寸より5mm程度大きく切り取ればぴったりとはまるはずです。

フロントガラスなど苦労や失敗もあるかもしれませんが、作ることを楽しめる方にはお勧めです。サンシェードはあまり安いものを選ぶと、破れたり、剥がれたりと嫌な思いをするようです。口コミレビューを参考にしてみて下さい。またご自分のクルマの専用も物がまだ製品化されていない場合など自作が必要な場合も多いようです。「新型フォレスター車中泊サンシェード」ではアマゾンで10000円で見つかりました。

寝袋もあるとより快適に寝られます。「夏用寝袋」もありますが「3シーズン用寝袋」の方が使い勝手はいかもしれません。高原や標高の高い場所の夜は予想以上に冷え込むこともあります。あとは枕。これで安眠の為のグッズはそろいました。

乾電池式ランタンこれもあると何かと役立ちます。定価は2個3000円ですが「アマゾン」で1500円で売っています。これくらいのグッズで「車中泊」は十分楽しめますが、あると便利なグッズは「USB式扇風機 USB式電気毛布 車用の網戸 モバイルバッテリー」長期の車中泊旅行をご予定の方には、インバーターもあると良いかもしれません。

インバーターは、エンジンがかかっている車のシガーソケットに差し込むことで、AC電源(コンセント)やUSBを使えるように変換する機械です。

大容量バッテリー価格: ¥ 18,800 下の写真のものは比較的安価で、高いものは5万円を超すものもありました。価格と品質を比べて良い物を安価で見つけてください。これもアマゾンで見つけました。

ポータブル電源 S262 60000mAh 222Wh 家庭用蓄電池 QC3.0 / TypeC搭載 LED画面表示 三つの充電方法 ソーラー充電 ACコンセント(200W 瞬間最大300W) DC(180W)/USB/Type-Cなど出力 LEDライト 発電機 車中泊/キャンプ/防災グッズ/夜釣り/停電時に 【12ヶ月保証】

「車中泊」グッズは先にそんなに多くそろえる必要はないと思います。安眠出来れば十分とお考えになる方も多いと思ますし、一度行って不自由を感じれば買い足していけば良いと思います。新型フォレスターを手に入れた方は是非「車中泊」にチャレンジりて下さい。私は気が弱い方なのでまだ、一度も使うような怖い思いはしたことはありませんが一応「大音量防犯ブザー」も用意しています。

フォレスター・新型フォレスターのおすすめメーカーオプション

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

フォレスター・新型フォレスターはライバルSUVと比較して割安な新車価格に設定されています。メーカーオプションは後から追加は出来ませんので予算に合わせて慎重に選んだ方が後々後悔しません。

ライバルSUVと並べて駐車するときに躊躇するようでは何のために新車を購入したのか・・・無駄な出費は避けるのは当然としても、長期間乗る車にはある程度お金をかけても満足感を満たした方が良いはずです。

メーカーオプションは下取り時にも評価されますのでリセールバリューも期待できます。上で計算した見積書は私の好みを素直に反映したもので、外すとすれば「本革シート」でしょうか。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

環境への配慮より、リセールバリューをお考えでしたらガソリンエンジン車を選ぶことをお勧めします。フォレスターの「e-BOXER」はハイブリッドらしい走りはあまり期待できませんし、全車共通ですが、SUVハイブリッド車は中古ではあまり人気がありません。

前置きが長くなりましたが、お勧めメーカーオプションをご紹介します・

1位 大型サンルーフ(54000円相当)
不思議なことにどこを調べても大型サンルーフ単体のオプション価格が見つからずパワーリヤゲートとセットオプションで108000円になっています。パワーリヤゲートはいらないとお考えの方は営業マンにご確認ください。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

2位 アイサイトセイフティープラス(視界拡張)(64800円)都会にお住まいの方には狭い路地から流れのはやい広い道に出るときなどかなり使えるはずです。私は東京に20年住み現在は田舎暮らしの為アイサイトセイフティープラスは必要ない地域に住んでいますが、都内で車を走れせているときに有ったらよかったのになーと思う装備です。

3位 本革シート。SUVに本革シートはいらないと思う方も多いと思います。私も半分はそう思うのですが、スバルの戦略とは思えませんが、スバルのメーカーセットオプション「オプションコード KS」 というのが「パワーリヤゲート+大型サンルーフ+アイサイトセイフティープラス(視界拡張)+本革シート」という設定で 280800円という設定価格であります。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

「オプションコードKI」という内容が「大型サンルーフ+アイサイトセイフティープラス(視界拡張)+パワーリヤゲート」172800円本革シートの差額が108000円。仮にディーラーが25%割引に応じてくれれば本革シートの価格は81000円非常に安く感じます。

4位 ナビ・フロアマット 4位としましたがこれは必須でしょう。最低価格のもので十分役に立ちますし、新車納車後に量販店でお好みのモノを付けることも可能です。フロアマットも同様ですが純正品はクオリティーが高いので純正品をお勧めします。

5位 ボディーカラー・クリスタルホワイト・パール(32,400円)新型フォレスターにはソリッドホワイトの設定がありません。ホワイト系のボディーカラーを選ぶにはクリスタルホワイト・パール(32,400円)の選択しかありません。ブラックは追加でお金を出す必要はありません。

カスタム STI エアロパッケージ&アルミホイール

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

フォレスターのSTI エアロパッケージはディーラオプションで用意されるだけにパーツのクオリティーも高く空力まで考えられた高性能パーツです。フォレスターにここまでお金をかけられる方は幸せな方でしょう。フォレスターには社外のエアロパーツメーカーも存在しますが、クオリティーはSTIの分があり、今回のフルセットは小ぶりな部品の為か比較的安い価格設定だと思います。

独身の方であれば、先ほど紹介したメーカーオプション「パワーリヤゲート+大型サンルーフ+アイサイトセイフティープラス(視界拡張)+本革シート」280800円を外してでもSTIエアロパッケージを付けた方がカッコいいと思います。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

STI エアロパッケージ(シルバー)(ブラック)本体価格 165,000円 (税抜)
【構成部品】
フロントリップスポイラー(シルバー)本体価格 29,000円 (税抜)
フロントサイドアンダースポイラー    本体価格 39,000円 (税抜)
サイドアンダースポイラー(シルバー)本体価格 48,000円 (税抜)
エアロガーニッシュ(リヤドア)   本体価格 29,000円 (税抜)
リヤサイドアンダースポイラー    本体価格 39,000円 (税抜)

アルミホイール:1本:本体価格 42,000円 (税抜)
シルバー 18×7.0J+48 PCD114.3 5穴
ガンメタ 18×7.0J+48 PCD114.3 5穴
ブラック 18×7.0J+48 PCD114.3 5穴

(全て取り付け工賃別)

STI

スバルテクニカインターナショナル株式会社(SUBARU TECNICA INTERNATIONAL INC.)、の略称。SUBARUの連結子会社でパーツ開発・販売をメインにラリー参戦・レース専用車の開発などもする。

フォレスター・新型フォレスターのまとめ

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

2018年にフルモデルチェンジを行ったフォレスター・新型フォレスターグレード構成はシンプルに4グレード。【Touring】ツーリング【X-BREAK】エックスブレイク【Premium】プレミアムは2.5LノンターボのNAエンジン。

【Advance】アドバンスは(2.0Lガソリンエンジン 水平対向4気筒 +モーター)のマイルドハイブリッド仕様。

全車に4WDが標準装備。ライバル車のようにFF車の設定はありません。

新車車両本体価格は2,808,000円から3,132,000円 (消費税込)とライバルSUV4WDと比較しても割安な設定です。

値引き額は車両本体から15時万円程度(2019/01)オプション総額の25%引きが目安です。

メーカーオプションも豊富で、目的に合ったご自分の好みに仕上げられるでしょう。内装には本革シートも用意され、ゴージャスなSUVにも、本格派4WDにも出来るオプション設定があります。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

エンジンに関しては環境に配慮されたうえで、必要なパワーは絞り出す2.5Lガソリンエンジンと、2.0L+モーターの2種類のみ。4代目フォレスターには設定のあった、ターボエンジン、マニュアルシフト車を廃止し、低燃費エンジンを搭載しました。

近年、ミドルサイズSUVはワイドボディ化が流行りのようで1850mmに届く勢いで各メーカーが競っていますが、その中で、新型フォレスターは全幅:1815mmと比較幅広ボディーではないのですが、乗り込むと居住空間の広さには驚かされます。

視界も良く、スクエアーなボデーも奏して、女性でもすぐにサイズには慣れ、運転のしやすいSUVです。リヤシートを倒せ流行りの「車中泊」も楽しめるアウトドア派の方にとっては使い勝手の良い4WDSUVファミリーカーと言ったところでしょうか。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

メーカーオプションを選択すれば先ほど書いた本革シートのゴージャス仕様SUVにもできますが、「STI」と呼ばれるエアロパーツもディーラオプションで用意され、これを装備すれば、スポーティーなSUVにも変身します。

通勤の足にもなり、休日には普通車では味わえない、雪道に強く、悪路も走破する体験を出来るSUVの人気が急上昇する理由がお分かりいただけると思います。

新型フォレスターで車の楽しみ方が変わると思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

乗り換えの方は必見!フォレスターが値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「このフォレスター、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

愛車を賢く・高く売るなら一括査定
実績豊富な優良の買取会社が対応するから安心!
完全無料!登録は1分簡単依頼!
価格に納得できなければキャンセルも簡単安心!

そんな方にオススメの裏ワザを

ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



スポンサーリンク