車中泊を快適にする為の マット、グッズ、軽自動車、バッテリー、その他!

乗り換えの人は必見!下取り車は必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

愛車を賢く・高く売るなら一括査定
実績豊富な優良の買取会社が対応するから安心!
完全無料!登録は1分簡単依頼!
価格に納得できなければキャンセルも簡単安心!

スポンサーリンク



車中泊を快適にする為の おすすめマット、グッズ、軽自動車、バッテリー、カーテン、エアコン、ミニバン、等を調べてみました。近年大人気の車中泊を安全で快適にすごすためのポイントを調べてみました。車中泊を楽しめるSUVフォレスターを調べてみました。

スポンサーリンク

車中泊を快適にする為の マット

ネットで「車中泊 マット」で検索すると、「アマゾン」「楽天市場」「YAHOOショッピング」等で数えきれないほどの車中泊 マットが見つかります。価格も3000円程度から15000円位までと幅広くどれを選んだらいいのか迷ってしまいます。

車中泊用のマットを大きく分けると、エアーマットタイプとスリーピングマットの2種類に分けられます。エアーマットタイプもの電動エアポンプなどで、マットに空気を入れて使用するタイプと、バルブを開けると自然に膨らむタイプがあります。

エアーポンプを使うタイプの車中泊 マットは厚みがあり、ベットで寝ているような快適さがありますが、車内は高さの制限があり、厚みがありすぎると天井が低く感じ、圧迫感もあり軽自動車バンやハイルーフ車等には快適ですが、SUV車など、車内高100cm以下の車にはには不向きでしょう。

エアーマットで、バルブを開けると自然に膨らむタイプは、車中泊専用に開発された商品が多く厚みも5cm~10cm程度で快適であり使用後は小さく畳めクルマの凹凸にもなじみやすく、さすが専用設計と思うところが多いのですが、比較的高価なのがネックと言えます。

スリーピングマットは元々キャンプ用品で寝袋の下にひくもので地面の凹凸をフラットにし寝心地を快適にします。寝袋を使うことを前提に作られている為、キャンプをする方には車中泊とキャンプで使え便利ですが、車中泊専用マットほど快適に寝るには薄いかもしれません。

快適な睡眠をお望みならやはり「車中泊専用マット」が評判が良いようです。おすすめはオンリースタイル車中泊専用マットで

 

写真で見て分かるとおり暑さ10cmのウレタンフォームが車内の凹凸を気にならなく寝られるそうです。1人用のサイズで16000円と少々高価なところが悩みどころです。但し多くの方が安い商品に満足できず思い切ってこの商品を購入し、やっと満足できたと言う口コミレビューが多いので、購入して後悔する方は少ないようです。

 

こちらの商品も口コミレビューは悪くなく厚さ5cmのタイプと10cmのタイプ2種類あるそうです。こちらの方が多少リーズナブルなので、どちらのタイプにも良いところがあるようでカスタマーレビューを読み比べご自分に合った厚さを選ぶといいと思います。

この2点のごちらかを選んでおけば後悔は少なくて済みそうです。どちらもアマゾンで購入できます。

スポンサーリンク

車中泊を快適にする為のグッズ

車中泊はいつでも気軽に小旅行に出かけられるところが魅力ですが、快適な車中泊を楽しみたいのでしたら、最低限「真夏」と「真冬」は避けた方が良いでしょう。車中泊ではエンジンを切って寝ることが基本で、エンジンをかけたまま寝てしまうのは「マナー違反」といった感じです。車内で寝てみると室温調整が意外と難しく、真夏は暑すぎて「熱中症」の心配もありますし「真冬」は寒すぎます。

そのことを踏まえたうえで車中泊を快適にするためのグッズを紹介します。

1寝袋

車中泊で大切なのは安眠することです。日中の運転の疲れ、明日も楽しく遊ぶための体力回復には熟睡することは大切です。マットをひいたうえで寝袋を使うと全身を包まれる安心感は何とも言えず快適です。車内で使うことが前提ですので本格的な高価なものはいりませんが、丸洗いが出来るスリーシーズンタイプが使い勝手が良いようです。おすすめは【レクタングラー・封筒型】コールマン社の製品で3000~5000円程度のものがお手ごろでしょう。

2 アイマスクと耳栓

低価格で効果は最高。コストパフォーマンスに優れた安眠グッズです。アイマスクもこだわりを持って良い品を選ぶと3000円から5000円位はしますが100均で買ってもいいと思います。耳栓は100均でもありますし写真の様なカラフルで安いものもありますので時間があれば探してみて下さい。

3 LEDランタン

夜間の歩行にはもちろん、クルマのバッテリーを気にせず寝るまでの間を楽しめます。乾電池式がお勧めです。こちらもこだわりますとやはりコールマンの商品でおすすめのものがありますが18600円と高価ですのでもっと安い写真のものがおすすめです。LEDランタンに関しては楽天で探した方が安いものが見つかります。アマゾンは高級品が多くありました。

4 枕

枕は必需品です。一見水平に見える室内でも車自体が水平面に駐車出来ていなくて、朝起きたときに「頭に血がのぼった」状態になっていることがあります。頭に血がのぼるなどと聞くと、なんてことはないように聞こえますが、就寝中に本当に頭に血が登ると起きたときにふらついたり、一日中気分がすぐれなかったりと、思った以上に辛い思いをするそうです。普段使っているもので十分ですが、荷物が多くなる時にはエアーを入れて使うタイプもありますので用意しておいてください。

5 車内用扇風機

車中泊で難しいのが室内の温度調整です。エンジンをかけっぱなしでもよい場所なら苦労はないのですが、車中泊の基本はエンジンを切って寝るのが「マナー」です。寒さ対策より夏の暑さ対策の方が難しく、ウインドーを少し開け扇風機を回せばエンジンを切っても快適に寝られると思います。

6 真夏の車中泊は避けるのが基本です。夏の車中泊で苦労するのが室内の温度調節ですが、ウインドーを少し下げると入ってくるのが虫や蚊です。これを防ぐために車中泊 車用網戸があります。安いので用意しておくと便利だと思います。

スポンサーリンク

車中泊を快適にする為のカーテン

車種によっては電動カーテンがオプションで用意されていますが、車中泊にはオプションのカーテンでは不満を感じるかもしれません。シートに座っている分には十分に感じるカーテンでもフラットにし、下から見ると夜間光が思っている以上に入ってくるものです。

車中泊にはカーテンよりも「車中泊用サンシェード」の方が快適でしょう全面のガラス面をセットで販売されています。

ガラス外面は銀色がブラックで朝の日光を遮り、内側は温かみを感じる色や、黒が基本です。各メーカーが車種別に専用のモノを販売しています。

車種により5000円から15000円が相場ですが、あまり安いものは吸盤が剥がれたり破れてしまったりとの口コミが目立ちますのでしっかりとしたものを買った方が良いと思います。

また手間を惜しまなければ「ロール銀マット」自作もお勧めです。

車中泊を快適にする為のバッテリー「大容量ポータブル電源」

「大容量ポータブル電源」車中泊でクルマのバッテリーを気にせず、安心して電化製品を使うためには大容量のポータブル電源があると便利です。

夏には扇風機、冬には電気毛布まで使えます。安いものでも20000円から高いと8万円以上のものもあります。高い買い物ですので失敗はしたくありません。信頼のおけるブランドのモノをご紹介しておきます。

「suaoki」

比較的安価でありながら評判の良い海外メーカー大容量ポータブル電源です。写真でもお分かりの通り容量によって価格差があります。「suaoki」には初期不良があるとの口コミを見つけましたので購入したらしっかり点検をしてください。それ以外はコスパの良いメーカーだと好評です。

 

「SmartTap」

2年間の国内正規補償で大容量なポータブル電源です。値段は容量に比例していますが、大容量を重視したい方に向いていると思います。「ANKER」

比較的新しいメーカーですが早くも世界の定番ブランドになっている信頼のブランドです。

「cheero」

ティ・アール・エイ株式会社の国内ブランドポップなデザインが特徴的です。

車中泊を快適にする為のエアコン

このページでは、「真夏」「真冬」の車中泊は避けるという事を前提でのページですが、暑いシーズンに有ったらいいなーと思うのがエアコンです。

アイドリングのままエアコンを掛け6~7時間の睡眠をとった場合の燃料の消費は車種にもよりますが、5L~10L位と言われています。

高速のパーキングエリアなど、大型トラックの方が仮眠をとる時などはエンジンを切らずにいますので、つい自分もエンジンをかけたままにする方も多いと思いますが、車中泊の「マナー」としてはエンジンを切る事が基本です。

そんな時にあると快適なのが「ポータブルエアコン」「ポータブルクーラー」でしょう。車中泊を快適にする為の「ポータブルエアコン」「ポータブルクーラー」をご紹介します。

ポータブルクーラー 冷え蔵Ⅱ 34,800円(税別・送料別)

引用:https://stage21.co.jp/campdev/goods/portable_cooler.html

構造はいたってシンプルです。コンビニで売っている「ブロック氷」「板氷」を2個ほど下のボックスに入れ、水は約1L位入れます。氷で冷えた水をラジエターに通しそのラジエターの後方からファンを回すことによって冷気を吹きだします。

電源は先ほど紹介した「大容量ポータブル電源」を使いますが、「ポータブルクーラー 冷え蔵Ⅱ」には別売りでポータブルバッテリー・充電式移動電源 10,584円(税別)が用意されています。

サイズ幅 約55×奥行 約30×高さ 約31cm本体重量約4.5kg。氷が解けてしまえば冷えた風は出てきませんし、ポータブル電源バッテリーが上がればファンが回りませんので一般的な「エアコン」と比較してしまうと少々がっかりしてしまうかもしれませんが、夏の車内の温度対策には手軽で効果的だと思います。

ポータブルバッテリー・充電式移動電源を含めると45000円を超えますのでそれなりの効果を期待してしてしまいますが、売れているようです。下記のURLから資料請求も出来るようなので気になる方は資料を取り寄せてみてはいかがでしょうか?

https://stage21.co.jp/campdev/goods/portable_cooler.html

もう一つ似たような商品を見つけましたが、ちょっと冷やし方が違いました。

トランスクール EC¥ 41,951

水を噴霧し気化熱で室内を冷やすタイプです。車内の湿気対策が気になりますがこちらの商品も好評なようです。

引用:https://www.karucan.jp/transcool/index.html

ポータブル クーラー ラ・クール ¥95,256 (税込) 

こちらはもう少し本格派のポータブルクーラー。但しAC電源が必要なため車中泊にはちょっと使いずらいかもしれません。価格のかなりしますので、本格派のキャンパー向けと言ったところの商品でしょう。

引用:https://item.rakuten.co.jp/

車中泊を快適にする為の車とは?

車中泊だけを目的に適した車でしたらハイエースハイルーフバンを筆頭に各社の営業用ワンボックス車、セカンドシートは簡単に折り畳め、出来るだけ荷台がフラットな4ナンバー車をベースに改造を行えば車中泊を快適に楽しめます。

しかし、多くの方は普段の足に、家族旅行にと一般的な使い方をしたうえで、車中泊も楽しみたいとお考えだと思います。

ですのでこれから紹介する車中泊に適した車は上記の事を考慮した一般車の中からおすすめ車を選んでみたいと思います。

引用:https://item.rakuten.co.jp/atmys/c/0000000613/#lineup

かなり平面になり【2個 価格7,315円 (税込 7,900 円)4個 14,630円 (税込 15,800 円)6個 価格 21,945円 (税込 23,700 円)、】その上に、オンリースタイル車中泊専用マットワイドサイズをひけば快適な車中泊の空間が作れると思います。

車中泊を快適にする為の軽自動車

最近の軽2BOX車は大型化が進み、規格サイズいっぱいの軽自動車が発売されています。釣りやサーフィンなどレジャーを目的にする一人旅には十分な車中泊のスペースは確保できます。

ホンダ N-BOX+

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox

N-BOX+は、N-BOXをベースに荷室(ラゲッジスペース)を改良して積載性や使い勝手を向上させN-BOX+は軽乗用車では最大級の荷室容量となっていました。

残念なことに2017年8月に発売が中止されましたのでN-BOX+は中古車を探すしか入手できません。床を水平にするための「マルチスペースシステム」マルチボードや、荷室を区切るためのエンドボードのオプションが魅力でした。

JC08モード燃費:18.824.4km/l 新車価格はN-BOX+のベースグレードが1,34,000円~N-BOX+G・Lパッケージで1,499,400円~。N-BOX+カスタムが1,540,00円~とと比較的高価な価格設定でした。

引用:https://www.honda.co.jp/Nbox

2019/01現在の中古車価格を調べたところ、2015(H27)走行距離3.9万kmのN-BOX+のベースグレードが100万円からとかなり割高な中古車の価格だと思います。

軽自動車の中古車はどの車種でも割高感がありますので中古車を購入検討中の方は各社の新車「ベースグレード」との価格比較を行った方が良いと思います

スズキの軽自動車は「新古車」も見つかり安いようですし、軽自動車に限っては安易に中古車を選ばないようにした方が賢明です。

ダイハツ ウェイク

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/index.htm

ダイハツ ウェイク はまだ新車で購入出来ますのでご安心ください。写真の通り凹凸はありますがマットをひけば「車中泊」も可能でしょう。正直2人だとかなり狭く感じると思いますが、一人なら十分でしょう。

ダイハツ ウェイク新車概算見積もり

モデル ウェイク
グレード/D
ミッション/CVT
駆動方式/2WD
ボディカラー ブラックマイカメタリック<X07>

お見積り合計金額(概算・消費税込) 1,409,210

メーカー希望小売価格 \1,350,000
メーカーオプション合計 \0
ディーラーオプション合計 \0
自動車取得税 \18,000
自動車重量税 \5,600
自賠責保険料(37か月分) \35,610
自動車税 \0

純正マットも入っていない簡単な見積もりですが、150万円でウェイクベースモデルDが購入できると思われます。2015(H27)走行距離3.9万kmのN-BOX+のベースグレードが100万円はちょっと高すぎる感じがしますね。

スズキハスラー

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

写真で分かる通りフルフラットにすれば凹凸も少なくマットをひけば車中泊も可能なサイズです。長距離ドライブや山道を走ることが多いならターボ車が欲しいところですが、ベース車のAとGターボの価格差が約30万円ありますので悩みどころでしょう。ターボなしのGまでの予算がある場合はターボGとの価格差は8万円程度ですのでターボGがお勧めです。

スズキ ハスラー新車概算見積もり

車種 スズキ ハスラー
グレード A
駆動方式
・ミッション 2WD・CVT
ボディーカラー ブルーイッシュブラックパール3
お見積り合計金額 \ 1,211,990

車両本体価格(メーカー希望小売価格) \ 1,100,520
諸費用合計金額 \ 111,470
自動車税(1月) \ 0
自動車取得税 \ 14,600
自動車重量税 \ 5,600
自賠責保険料 \ 35,610
リサイクル料金 \ 8,690
登録(届出)諸費用等(概算) \ 46,970
オプション合計金額 \ 0

こちらもベースグレードですが最低限の装備でナビを付けても150万円はしないはずです。

スズキ エブリイワゴン

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/everywagon/

長さ、幅、高さが軽キャブワゴンNo.1と言うだけに車中泊には最適な軽ワゴンだと思います。またディーラーオプションで車中泊を意識したグッズが充実しているところがとても良い感じです。JPターボ ハイルーフが\1,436,400から用意されていますのでターボ車としては低価格の設定だと思います。

エブリイワゴングレード JPターボ ハイルーフ新車概算見積もり

車種 スズキ エブリイワゴングレード JPターボ ハイルーフ
駆動方式・ミッション 2WD・4AT
ボディーカラー ブルーイッシュブラックパール3
お見積り合計金額 \ 1,562,150

車両本体価格(メーカー希望小売価格) \ 1,436,400
諸費用合計金額 \ 125,750
自動車税(1月) \ 0
自動車取得税 \ 23,900
自動車重量税 \ 9,900
自賠責保険料 \ 35,610
リサイクル料金 \ 9,370
登録(届出)諸費用等(概算) \ 46,970
オプション合計金額 \ 0

ナビと下記のオプション、フロアマット類を付けても200万円はいかないと思いますが、軽自動車としてはなかなか良い値段ですね。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/everywagon/

ここでは深く触れませんが、最近の新車は安全装備、自動ブレーキなどが標準装備になっていますので致し方無いにしても、レジャーに使う軽自動車はもう少し安いと良いのですが・・・と思い

「スズキ エブリイワゴン新古車」を検索してみましたら「エブリイ PC」89.8万円総額97.9万円からスズキ エブリイワゴン PZタ-ボSP4WDSDナビTVBカメラHRETCWパワスラ176万円総額195万円まで走行3Km~20Kmの本物の「新古車」が500数十台簡単に見つかりました。

エブリイ PCは昔で言うバンに当たる内装で車中泊にはぴったりです。総額97.9万円とかなり安くなりました。

車中泊に軽自動車を検討している方は是非エブリPC、エブリワゴンの新古車を選択肢に入れた方が良いと思います。

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/everywagon/

車中泊の防犯対策

日本は世界で稀にみる治安の良い国です。車中泊を気軽に楽しめる国など日本しかないかもしれません。

それでも車中泊をするにあたって最低の防犯対策、防犯への意識は忘れてはいけません。

駐車場所

最初に意識する防犯点は駐車場所でしょう。できれば同じ車中泊ををしている方が多い場所は安心できます。逆に夜の繁華街に近い公園などの駐車場は酔っ払いや不審者が多い場合もあります。

車中泊で困るのは「トイレ」ですので気ままな小旅行でも2~3か所は車中泊が可能な場所の候補地を前もって検索しておきましょう。

ドアロックをかける

就寝前でも車内にいるときにはドアロックをかけておいた方が安心です。不審者がいた場合は外に出るより、車内にいて車ごと逃げた方が安全でしょう。

携帯電話・貴重品

携帯や貴重品は外から見えないところに置くことが基本です。就寝時には小さなバックなどひとまとめにし、暗闇でも手の届く範囲に置いておきましょう。

マナーも大切だが防犯対策優先で

窓は基本的に閉めておきましょう。状況にもよりますが、車中泊の車が他にも多くある場所では「マナーを守り」エンジンを切り少しだけ窓を開ける。

その範囲で室温調整出来る用意をすることがマナ―ですが、エンジンをかけていても問題のない場所、大型トラックがエンジンをかけたまま仮眠しているサービスエリアなどでは「マナーより防犯」を優先した方が良いと個人的には思います。

人が近くにいる所で車中泊を

人が多すぎる場所では安眠できませんが、人が全くいない場所でも案外不安になり熟睡でいない方のいらっしゃると思います。適度に人の目がある事は防犯にもつながります。

最低限の防犯グッズは用意しましょう。

万が一に備えて大音量の防犯ブザー、窓の隙間からでも吹きかけられる、護身用防犯スプレー位は用意した方が良いでしょう。防犯スプレイを使う前には、最低前面ガラス、左右フロントガラスのサンシェードははがしてから使い、使った場合は車ですぐにその場を立ち去りましょう。

ドライブレコーダー

ドライブレコーダーは事故以外に防犯にも役立ちます。前後に取り付け撮影されていることを気付かせましょう。

車中泊を快適にする為の マット、グッズ、軽自動車、バッテリー、その他まとめ

近年の「車中泊」人気で車中泊グッズを検索をすると色々な物が見つかります。数が多すぎて迷ってしまうほどです。このページで紹介したグッズは口コミやレビューを基に、評判の良いものを優先的にご紹介しました。

特にエアーマットやポータブルバッテリーは多くの商品の中から、選びましたので少々価格は高めですが良い商品だと思います。また調べているうちに見つかった、エブリPC、エブリワゴンの新古車はお買い得だと思います。

車中泊の夏の室温対策も大容量ポータブルバッテリーと「ポータブルクーラー」があればかなり快適になると思います。

全部をいっぺんに用意すると、予想以上の予算が必要になってしましますが、「車中泊」を楽しみながら少しずつ用意していけば負担も大きくはありません。車通伯を楽しんでください。

車中泊を楽しめるSUVフォレスター

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

雪道や悪路に強く、運転も楽なためロングドライブも疲れにくいミドルクラスSUV新型フォレスターで、キャンプやスノーボ―ドアウトドアレジャーやアウトドアスポーツを楽しむ方々が増えています。

新型フォレスターに限らず、SUVで車中泊が可能になれば、気軽に遠出のキャンプや釣りなどに出かけることがも出来ますね。

そこで、新型フォレスターは車中泊が可能なスペースを確保できるのか?を調べてみました。

フォレスターの荷室のサイズ

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

まずはフォレスターの荷室のサイズが車中泊できるサイズなのか確認してみましょう。

セカンドシートを前方に倒した時の荷室フロア長は1547mmですが、フロントシートを前方に動かし、セカンドシート足元部分を含む、フロントシートバックから荷室後端までは、1856mmあります。

足元部分にカバンや荷物を置いて平らな高さに合わせれば、1856mmの長さ、幅はリヤゲート付近では1258mm、一番狭いホイールハウス間で1100mm、の幅が取れ、荷室の高さは884mmありますので大人2人が体を横にし寝るスペースは十分取れています。

運転や遊びでの疲れを取るにはよく眠ることが必要になりますが宿の布団で寝るのと、シートを倒しただけの仮眠の様な車中泊では体の負担が全く違います。

疲れをなるべく取り、翌日の運転も不安なく、遊びも楽しむためには、快適な車中泊が出来る様に準備することが重要です。

と言っても最近は車中泊アイテムは充実しており価格も宿に一泊するくらいの金額ですべてネット注文で揃えられますのでご紹介しますね。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

車中泊で快適に寝るためには、セカンドシートを前に倒し、フラットな荷台で横になり寝ることです。寝袋は夏用もありますが、夏でも高原や標高の高いところでは朝晩は予想以上に冷え込んだりします。真夏は別ですが3シーズン用の寝袋を選んだ方が使い勝手は良いようです。

寝袋を用意すれば寝ることは可能ですが、この時あると快適なのが、「車中泊用エアーマットレス」です。段差も気にならなくなりますし、直接フロアに寝るのとでは雲泥の差です。

「車中泊用エアーマットレス」で検索すると沢山見つかりますがお勧めはこちらの車中泊専用エアーマットレスです。口コミもご紹介しておきます。

引用:https://item.rakuten.co.jp/bass-infinity/18835810/

スバルフォレスター(SJG)
今まで愛車での車中泊では、広さには十分満足ながら、寝心地の点で辛い思いをしていました。何かマットを、と探しているうちにネットでこの製品にたどり着きました。値段が高い、と感じ、最初は躊躇しましたが、これまで安物買いで後悔した経験があり、思い切って購入を決めました。大人二人で車中泊のため、2枚購入しましたが、車のサイズにはぴったり来ません。こりゃ失敗したかなーと思っていましたが、夜になって寝転んでみると、割と無理なくマットの形が変わるので、何度か寝返りを打つように体でぐいぐいすると、なんとな車内の形状にフィットして、余ったヘリが立ち上がった部分も、かえって寝心地向上になってました。

ご夫婦や、恋人ならこのサイズで2人でも十分だと思いますし、男性二人なら寝袋を使えば快適に寝られると思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

乗り換えの方は必見!フォレスターが値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「このフォレスター、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

愛車を賢く・高く売るなら一括査定
実績豊富な優良の買取会社が対応するから安心!
完全無料!登録は1分簡単依頼!
価格に納得できなければキャンセルも簡単安心!

そんな方にオススメの裏ワザを

ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



スポンサーリンク