新型フォレスター ハイブリッド ガソリン どっちが買い得?魅力的?比較検討

一括査定よりも高く売れるまったく新しい車買取サービス

一括査定はもう古い!電話はユーカーパック1社からだけ!
一括査定のように大量の電話が鳴ることはありません!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
出張査定では 80 万円になることも
多々あります。
ユーカーパック出張査定は「一括査定」と比べ、
『より高く』『より簡単』『より安心』に
車を売ることの出来るサービスです!

★査定は自宅(出張査定)か提携ガソリンスタンドで1度のみ!

 

 

新型フォレスター ハイブリッド ガソリン どっちが買い得?魅力的?比較検討
2018年7月にフルモデルチェンジをしたスバル新型フォレスター。
エンジンは2.5Lと2.0+モーターのマイルドハイブリッドの2種類。
あなたにとって、本当はどっちがお買い得で、魅力的なのか比較検討してみたいと思います。

左が【Touring】右が【Advance】外装の大きな違いはメッキパーツの使い方。AWが17インチと18インチ。バンパー下部、ステップ下部のシルバー塗装も違いが目立ちますね。

スポンサーリンク

新型フォレスター ハイブリッド ガソリン どっちが買い得!

新型フォレスターのグレード構成は4グレードのみ。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

左上【Touring】右上【Advance】

左下【Premium】右下【X-BREAK】

上で【Touring】と【Advance】の外装の違いはご説明しましたので割愛しますが、
【Premium】はドアノブは同色で、窓枠はメッキモール。18AW。
【X-BREAK】はメッキパーツなしのオレンジ加飾、ルーフレール標準装備。17AWという外装の違いがあります。

「2.5Lガソリン車」
・【Touring】  :2,808,000円
・【Premium】:3,024,000円
・【X-BREAK】:2,916,000円
「2.0L+モーターマイルドハイブリッド車」
・【Advance】:3,099,600円

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

ベースグレードの【Touring】と最上級モデルとされている【Advance】との車両本体価格差は

291,600円。

割と少ない価格差で標準装備の内容は【Advance】にはこれ以上何が必要?というくらいの装備が標準装備で、

方や【Touring】は今や軽自動車にも多く採用されている、「キーレスエントリー、プッシュ式エンジンスタート」も新型フォレスターではメーカーセットオプション108,000円となっています。(キーレスアクセス&プッシュスタート、リバース連動ドアミラー、ドアミラーメモリー&オート格納機能、運転席&助手席8ウェイパワーシート、アクセスキー対応運転席シートポジションメモリー機能はメーカーセットオプション108,000円)

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

キーレスを付けたいだけでメーカーセットオプションのため【Touring】と【Advance】の実質価格差は183,600円となってしまいます。

また、このページを読んでいただいている方にとって必要か、必要でないかは別として

【Advance】だけには「ドライバーモニタリングシステム」も標準装備。

「ドライバーモニタリングシステム」は【Touring】【Premium】【X-BREAK】には

オプション設定すらありませんので実質の価格は、はっきり出来ませんが、最低でも5万円~10万円の装備と考えていいでしょう。

 

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

「キーレスエントリー」は便利すぎて人を堕落させる!w

「ドライバーモニタリングシステム」は情報過多になり運転の邪魔だ!

と、思う方以外、車両本体価格だけでのお買い得感は【Advance】が、ずば抜けているといっていいでしょう。

しかし、愛車は「お買い得感」だけでは決められないもの。

まして肝心のパワーユニットが違います。

ここが、皆さん「ハイブリッドとガソリン どっち」と悩むところとなってくるのでしょう。

これから、両車の「魅力」「違い」を考慮し、どのグレードを選ぶのかあなたにとってベストなのか?

あなたにとって最適なグレードはどれかを考えていきたいと思います。

【新型フォレスター】安全性能比較・ハイブリッド車ガソリン車どっち?

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

このページではスバル 新型フォレスターの数ある魅力のなかから3つに絞って比較してみます。

・1つ目は「安全装備」
・2つ目は「エンジン性能」
・3つ目は「燃費性能」

この3つをハイブリッド車とガソリン車を比較してみます。

フォレスターの安全性能の筆頭は「アイサイトver.3」これはフォレスター全グレード標準装備ですので比較対象にはなりません。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

「Advance」専用の装備「ドライバーモニタリングシステム」の機能は、あらかじめ設定しておいた運転者の顔をカメラで認識し「シートポジション」「ドアミラー角度」を自動で調整してくれます。

ご夫婦でフォレスターを使用するご家庭には嬉しい装備でしょう。

それに加え、モニタリングシステムカメラで、運転者の眠気や運転に集中できていないと判断すると、注意音とメーター内に注意の警報を出してくれる、安全運転を促す予防安全機能が付いています。

「Advance」には「アイサイトセイフティプラス」も標準装備されていますので、より安全を求める方、現在販売されているクルマの最高峰の安全性能を求める方には本当にうれしい装備でしょう。

マイルドハイブリッド車e-BOXER「Advance」は、2.5Lガソリン車上級グレード「Premium」の標準装備にアドバンス専用の装備として「ドライバーモニタリングシステム」を加えた車両本体価格が3,099,600円(消費税8%込)。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

「ドライバーモニタリングシステム」のついていない「Premium」の車両本体価格が3,024,000円(消費税8%込)両車の価格差は75,600円ですので実質両車の価格差は0に近い。

「ドライバーモニタリングシステム」だけでも「Advance」の割安感が感じられます。

他メーカーのハイブリッド車の価格はガソリンエンジン車より20万円以上高い価格設定が一般的ですので、新型フォレスター「Advance」価格設定は首を傾げたくなる位の割安感があります。

しかし、同じメーカーで一つのグレードだけ「割安」ということは考えにくいので、この割安感の裏には、「エンジン性能」にあるのではないか?

ということで、マイルドハイブリッド2.0L+e-BOXERと2.5Lガソリンエンジンの性能を比較してみます。

【新型フォレスター】エンジン性能比較・ハイブリッド車ガソリン車どっち?

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

エンジンスペック表

2.5L DOHC 直噴 2.0L DOHC 直噴+モーター(e-BOXER)
最高出力[ネット] 184PS(136kW)/5800rpm 145PS(107kW)/6000rpm+13.6PS(10kW)
最大トルク[ネット] 24.4kgf・m(239N・m)/4400rpm 19.2kgf・m(188N・m)/4000+6.6kgf・m(65N・m)

上の表は単純なエンジン性能、パワー、トルクの比較です。

ここでは各エンジンのフィーリング、特性なども比較してみます。

2.0L「e-BOXER」マイルドハイブリッドエンジン

発進および低速走行ではモーターのみで走り始めますが新型フォレスターのモーター出力は10kW/トルク65Nmと小さいためモータのみの走行時間はごく短い時間です。

プリウスなどの高出力ハイブリッド車のようなEVモードのような走行は出来ません。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

しかし、発進・停止を繰り返す市街地走行では乗りやすさを実感できます。

信号待ちなど発進時には、エンジン停止状態からモーターのみで走り出し少し遅れてエンジンが始動このタイミングが絶妙で、滑らかに発進キビキビとした走りが可能です。

モーターで走っている感じは少ないですが、低回転時のエンジンパワー不足をモーターが間違いなく補ってレスポンスの良い走りが期待できます。

街乗りでは2.5Lガソリンエンジン車に引けを取らない走りも可能です。

2.5L直噴ガソリンエンジン

排気量のアップと直噴化という新技術で比較的低回転からトルクを発揮し走りに不満を感じることはないはずです。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

3000回転からは十分なパワーを発揮トルクフルな走りが可能で、100Km/hまでの加速はスムーズで、スポーティーな走りも楽しめます。

動力性能は2.0L「e-BOXER」マイルドハイブリッドエンジンより勝っていてSUVらしい中低速で太いトルクを出し、十分なパワーで

グイグイと加速します。

多くの口コミでパワー不足を懸念する声が見られますが、その多くはは4代目フォレスターガソリンターボ「2.0XT」との比較が原因で

280psの「2.0XT」には及びませんが十分なパワーとトルクを引き出すエンジンには違いありません。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

高速走行や山道では2.0L「e-BOXER」マイルドハイブリッドエンジンよりパワフルな走りが可能です。

市街地での運転がメインであれば、2.0L「e-BOXER」マイルドハイブリッドエンジン車。

高速走行や、レジャーでの使用がメインであれば2.5Lエンジン車がお勧めです。

私個人の感想では、長期間乗る愛車ですので、その間のトラブルも心配になります。

スバルの技術力は信じていますし、 取り越し苦労となると思いますが、長期間の使用で安心感があるのは2.5Lガソリンエンジン車ではないかと感じています。

 

【新型フォレスター】燃費性能比較・ハイブリッド車 ガソリン車 どっち?

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

WLTC-L燃費消費率表

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/spec/spec.html

新型フォレスターのより実燃費に近い燃費が表示されているのがWLTC-L燃費消費率ですが実燃費は、この表の数字の70%~80%と言われています。

WLTCモード総合燃費は、2.5Lガソリンエンジン車は13.2km/L

マイルドハイブリッドe-BOXERの「Advance」が14km/L

WLTCの市街地モードは2.5Lガソリンエンジン車は9.6km/L

「Advance」が11.2km/L

郊外モードでは2.5Lガソリンエンジン車が14.6km/L

「Advance」が14.2km/Lと0.4Km/hとほんの少しですが逆転してしまいます。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

高速道路モードでも2.5Lガソリンエンジン車が16.4km/L

「Advance」が16km/Lとなり、2.5Lガソリンエンジン車の数値が0.4km/L、燃費が良くなっています。

マイルドハイブリッドe-BOXERは、発進・停止が頻繁な街中での走行でモーターパワーを発揮出来ますが、高速走行ではエンジンのみの走行になります。

燃費に関しては両車ともほぼ互角。

若干マイルドハイブリッドe-BOXERの「Advance」有利であろうと思えます。

街中での走行の多い方にはe-BOXERのアドバンスが「お買い得」。

郊外や、高速道路の移動が多い方、スポーツ走行を楽しみたい方にはなら2.5リッターガソリン車がおすすめ。

燃費の比較は甲乙つけがたい、大差なしという結果といたします。

 

スポンサーリンク

【新型フォレスター】ガソリン車・マイルドハイブリッド比較まとめ

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

・新型フォレスター ハイブリッドとガソリンどっちが買い得か?
当サイトでは、

・安全性能ではマイルドハイブリッド「Advance」がガソリンエンジン車より「お買い得」という答えになりました。

・エンジン性能では2.5Lガソリンエンジン車が勝っていますが、主な使用目的で「お買い得」感は変わってくると思います。

市街地走行が多い方、より安全性を求める方にはマイルドハイブリッド「Advance」がお勧めで、

よりアクティブなレジャーでの使用が主目的なら2.5Lガソリンエンジン車をお勧めします

・新型フォレスターのエコカー減税対象車は「Advance」e-BOXERマイルドハイブリッドモデルのみ。2.5Lガソリン車はエコカー減税を受けられません。

・燃費比較はほぼ同等。とさせていただきます。

「Advance」のエコカー減税金額

「サンルーフ未装着車」
・エコカー減税          :31,000円(取得税)+15,000円(重量税)
・自動車グリーン税制:19,500円
・減税総額                :65,500円

「パワーリフトゲート及び大型サンルーフのメーカーオプション装着車」
・エコカー減税          :48,100円(取得税)+22,500円(重量税)
・自動車グリーン税制:19,500円
・減税総額                :90,100円

※パワーリフトゲート及び大型サンルーフ装着による重量増により減税率が変わるので減税額が変わります。
※自動車グリーン税制は新規登録翌年4月の自動車税が50%減税されます。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

最後に、2.5Lガソリン車の中のどのグレードが「お買い得」なのか簡単に。

キーレスエントリー&プッシュ式エンジンスタートが必要と思う方には【Premium】

そんなのいらないと思えば【Touring】でも安全装備は十分ですからお勧め。

よりスポーティー、アウトドア感がカッコいいと思えば【X-BREAK】

また、社外パーツを使い写真のようなコンセプトカーに乗りたい。

個性的なフォレスターに乗りたい

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

と思う方にはベースグレードの【Touring】 がお勧めという感じでいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

【新型フォレスター】が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

新型フォレスターが値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この新型フォレスター、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新型フォレスターの購入を検討しているけど
悩みが尽きない…
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。
そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

一括査定よりも高く売れる新しい車買取サービス

一括査定はもう古い!電話はユーカーパック1社からだけ!
一括査定のように大量の電話が鳴ることはありません!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
出張査定では 80 万円になることも
多々あります。
ユーカーパック出張査定は「一括査定」と比べ、
『より高く』『より簡単』『より安心』に
車を売ることの出来るサービスです!

★査定は自宅(出張査定)か提携ガソリンスタンドで1度のみ!

スポンサーリンク