【スバル・新型フォレスター】オイル交換時期 オイル量 オイル粘度 オイル交換費用 オイル規格について調べました。

一括査定よりも高く売れるまったく新しい車買取サービス

一括査定はもう古い!電話はユーカーパック1社からだけ!
一括査定のように大量の電話が鳴ることはありません!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
出張査定では 80 万円になることも
多々あります。
ユーカーパック出張査定は「一括査定」と比べ、
『より高く』『より簡単』『より安心』に
車を売ることの出来るサービスです!

★査定は自宅(出張査定)か提携ガソリンスタンドで1度のみ!

 

 

スバル・新型フォレスターのオイル交換時期 オイル交換費用 オイル量 オイル粘度 オイルの種類 オイル規格について調べてみました。

カー用品量販店、GSなどの、オイル交換を勧める広告を見ると、オイル交換時期 オイル量 オイル粘度の説明とともに、NAエンジン車は5000km程度、ターボエンジン車は3000km程度でオイルを交換を勧めています。

これは正しいと言われれば正しいですし、もう少し多く距離を走ってからでもいいと言われればそれも正しいように聞こえます。

なぜ、このようなことが起こってくるかというと、オイル交換が必要なほど、本当にオイルが劣化しているのかはっきりとした指針、指標がないからです。

オイルゲージについた、オイルの汚れ具合、見た目の粘度、を基準に交換時期を決めるくらいなら走行距離を基準にしよう。その程度の指標が走行距離だと考えていいでしょう。

その3,000Km~5,000Kmでオイル交換してエンジン本体に良いのは間違いありませんが、維持費が多くかかってしまうのはやはり考え物。

ご自分の愛車の使用状況を考慮し、適正な距離で交換したいと思うのは皆さん同じではないでしょうか。

スポンサーリンク

【スバル・フォレスター】エンジン不調 オイル交換

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

エンジンオイルの役割

定期的にオイル交換したクルマと、オイル交換に無頓着な方が乗っていたクルマの、タイミングベルト交換などでヘッドカバーを外した時に見えるカムシャフト周りの汚れは歴然の差があります。

かたやピカピカ光っているもの、かたやオイルのスラッジがドロッとこびりつき真っ黒なもの。

エンジンオイルには、「潤滑」以外にも「清浄」作用もあるからです。

この話を聞くとやはり早めの交換はいいことだと思えてきます。

エンジンオイルは、エンジン内部の金属部分に油膜を張り、ピストン、カム、ターボ車ならタービンのシャフトなど、ありとあらゆる摩擦から潤滑作用でエンジン内部を守っています。

同時に、シリンダーとピストンの隙間の密封、エンジン内全体の防錆、洗浄、冷却作用など大きく言うと5つの作用をしています。

クルマのエンジンを、心臓に例えれば、オイルは血液。

もう少し正確に例えれば、心臓はオイルポンプ。エンジンが体で、体全体に行き渡る血液が「潤滑」「冷却」「密閉」「清浄分散作用」「防錆」5つの効果を持つエンジンオイルです。

エンジンオイルの5つの作用と効果を簡単に説明します。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

潤滑作用

エンジンはシリンダー内で爆発を起こし、毎分数百~数千回転までクランクシャフトを回転させ、クルマを走らせるパワーを生み出します。

そのエンジン内のパーツどうしの表面に油膜を張り、数十ミクロンの隙間に入り込み、金属が接触する部分の摩擦を減らし、エンジンをスムーズに可動させます。

冷却作用

ガソリンエンジンのシリンダー内は2000度以上。シリンダー壁面も百度以上の熱にさらされたうえ、ピストン運動の摩擦にも耐えています。その他エンジン内も100度以上の温度に耐えられるのは、エンジンオイルがエンジン内を潤滑と同時に、各パーツの熱を吸収冷却もしているからです。

密閉作用

燃料と空気を吸気・圧縮・爆発・排気させてエネルギーをつくるエンジン。その中心部が「シリンダー」と「ピストン」です。その0.05ミリ位の隙間をエンジンオイルが密閉し、エンジンはパワーを生み出します。

清浄分散作用

エンジン内では、燃焼・爆発で燃料の煤、金属パーツの摩擦や回転で磨耗した金属粉など正常なエンジン状態でも目には見えない汚れが出現しています。エンジンオイルが循環し、その汚れを清浄、オイルフィルターで汚れを濾過します。

防錆作用

エンジンは高温になり、外気との温度差でエンジン内に水蒸気も発生します。ブローバイガスと共に排出されますが、錆や腐食の可能性もあります。金属のエンジン内パーツにオイルが隅々まで達して水分をはじき、防錆作用を発揮しています。

交換時期の目安(ターボ車・外車は除く)

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

1年、又は10,000km前後(維持費が許すならば6か月又は、約5,000kmのどちらか早い方)

ターボエンジン車

半年、又は5000Km前後

※維持費を念頭に入れた、自動車整備、販売に20年携わった経験上の個人的見解です。

各車ごとの取扱説明書、ディーラーの意見を最優先にした方がより安心なのは間違いありません。

自動車の安全管理は自己責任でお願いいたします。

なぜ交換が必要なのか?

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

エンジンオイルは、エンジン可動によって発生する煤や金属粉を清浄します。

不純物を含んだオイルは、黒く汚れ、粘度も落ち劣化します。

また、長距離走行しても交換しなければオイルも燃焼し、量も減少してきます。

メーターパネル内にオイル警告灯がありますが、警告灯が点灯したときは、

油圧が下がりエンジンはかなり危険な状態です。

エンジンオイルが劣化しても交換しないでいると・・・

カムシャフトに傷、又は摩耗し異音が発生。

ピストンリングの摩耗、又は破損により白煙を噴く。

最悪の場合、エンジンが焼き、再始動も不可能。

ターボ車では、タービンシャフトオイルシールが破損し白煙を噴く。

このような症状が出た場合は、最悪エンジンオーバーホール、数十万円の出費も考えられます。

オイル交換は一般ユーザーが出来る、唯一のエンジン保護管理でしょう。

ネットを検索していると、オイル交換時期の判断に

・エンジンの調子が悪くなった・スムーズに加速しない

・パワー不足を感じる

・エンジン音が以前より大きくなった

・以前より燃費が悪くなった

などとヒットしますが、よほどご自分のクルマに愛着があるか、敏感な方以外

オイル劣化を乗っていて感じることは出来ないと思います。

一般ユーザーが、上記の症状に気付いた時にはすでにエンジン内部が損傷している可能性が高いです。

エンジントラブルの兆候は、徐々に出ていますが、気が付くことは難しいでしょう。

ですのでトラブルの現象は突然現れます。

突然異音が聞こえる。

突然白煙を噴く。

突然、エンジンが止まる。

そうならないためには走行距離を基準にオイル交換をするしかありません。

スポンサーリンク

【スバル・フォレスター】オイル量 オイル粘度

 

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

フォレスター
FORESTER2500cc
型式 SK9
エンジン FB25C
純正粘度 0W-20

HKS推奨エンジンオイル
スタンダード
0W-25
AK108(4L)

API規格品
0W-20 SN
AK112(4L)

ハイグレード
P-Pro 0W-20
AK037(20L)

交換時オイル量(L)
4.0L
オイル+
フィルター
4.2L

エンジンオイル標準交換時期

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

交換時期の目安

NAガソリン車で10,000km前後(オイルフィルター交換は、エンジンオイル交換と同時)

ガソリンターボ車5,000km前後、または6ヶ月を目安にすると良いと思います。

シビアコンディション時の場合

ガソリン車(ターボ車除く)8,000km前後、又は6ヶ月位

ガソリンターボ車 3,500km前後、又は3ヶ月位

エンジンによって異なりますので、取扱書を参照の上、ディーラーにて確認した方がいいでしょう。

あくまでも目安ですので早めの交換をおすすめいたします。

シビアコンディションの条件

未舗装道路の走行が多い、走行距離が多い、山道など上り下りの頻繁な走行等

エンジンオイルやオイルフィルターの交換の目安は、メーカー、搭載エンジンによって違います。

走行距離や使用状況によって交換時期が早くなることもあります。

エンジンオイル、オイルフィルターの交換頻度については、インターネット上には様々な情報がありますが、根拠は定かではなく、メーカーの取扱説明書に記載されてる距離や期間を目安にするしかありません。

オイル交換時期は、走行距離、交換指定期間で早く来た方を優先してください。

シビアコンディションとは

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

シビアコンディションとは、高速走行や長時間の運転、エンジン回転が高い走行だけではありません。

下記のような使用もシビアコンディションと呼ばれています。

日常の走行が短距離走行の使用

毎日の走行が極端に短時間の使用

短距離走行で未舗装道路の走行が多い

エンジンを高回転させるのもシビアコンディションですが、逆に、エンジンが充分暖まる前に使用を終えることが多いことも、シビアコンディションと呼ばれます。

オイルの種類

製法により、3つの「ベースオイル」に分けられます。ここに添加物を加えることで、エンジンオイルとなります。

引用:https://www.subaru.jp/accessory/engine_oil/point/

化学合成オイル

原油を精製し、化学的に合成した最高級オイル。不純物を可能な限り排除しているので高純度なのも特徴です。耐熱性も高いのでオイルの劣化がしづらく、蒸発性も低いのでオイルが長持ちします。

部分合成オイル

鉱物油と化学合成油をブレンドしたオイル。劣化が早い鉱物油のデメリットを、化学合成油で補っています。

鉱物オイル

原油を蒸留して精製したオイル。3種類のなかでは最もリーズナル。しかし、その分、耐熱性能や酸化に弱いです。性能的には、現代のエンジンにはあまり向いていません。

引用:https://www.subaru.jp/accessory/engine_oil/point/

オイル粘度

エンジンオイルは、「低温時では硬く、高温時では柔らかい」という粘りの特性をもちます。
粘度規格は、低温時と高温時での性能を表します。
「アメリカ自動車技術者協会」がオイルの粘度を定めた規格で、SAE規格といいます。

https://www.subaru.jp/accessory/engine_oil/point/

オイル規格

国際的な機関によりエンジンオイルのグレードを定められています。

API規格

ドーナツ型のAPIマークは、アメリカ石油協会であるAPlの認定テストに合格したことを示します。左側は「S」はガソリンエンジン用を示します、右側はグレードを表し、「A」~「N」まであり、現在「N」が最高グレードです。

https://www.subaru.jp/accessory/engine_oil/point/

ILSAC規格

日米の自動車工業会で組織する国際潤滑油標準化認定委員会(ILSAC)が、API規格に、「省燃費性能」を加味して評価した規格。ILSACマークは、通称「スターバーストマーク」とも呼ばれます。API規格の「SH」以上のグレードのオイルに燃費節減試験などを行い、認証します。

https://www.subaru.jp/accessory/engine_oil/point/

ACEA規格

ヨーロッパ自動車工業会によって制定される規格。耐久性能を重視する一方、省燃費性能や排ガス中の有害物質削減など環境性能も高いレベルでクリアすることを要求する厳しい規格です。よって取得しているオイルは、高性能であるといえます。スバルでは、プレミアムオイルの3種が獲得しています。「A」はガソリン車、「B」はディーゼル車を指し、数字によって性能が変わります。

https://www.subaru.jp/accessory/engine_oil/point/

プレミアムオイル

スタンダードオイルよりも高い性能を持つ特別なオイル。
ワンランク上のフィーリングを体感できます。

おばけ

オイルの写真をクリックすると大きくなるよ!

https://www.subaru.jp/accessory/engine_oil/point/

スタンダードオイル

燃費性能や環境性能をバランスさせたSUBARU専用オイル。

https://www.subaru.jp/accessory/engine_oil/point/

 

スポンサーリンク

【スバル・フォレスター】オイル交換費用

 

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

スバルディーラーでのオイル交換費用

SUBARUレプレイアード
ZERO 0W-30

9,461円~

MORTOR OIL SN
5W-30, 0W-20

7,085円~

オイルフィルター交換

1,620円

※スバルディーラーのHPを調べた価格です。
ディーラーによりにより費用は違う場合もあります。

引用:https://www.photo-ac.com/

ガソリンスタンドでの一般的な交換費用

交換で用いるオイルはメーカーや商品によって1Lあたりの価格が違います。

ガソリンスタンドのオイル代は1Lあたり1,000円~です。

4Lのオイル量が必要なフォレスターのオイル交換の費用は、オイル代が4,000円。交換工賃1,000円前後。総額は、5,000円~6,000円(税別)位でしょう。

カー用品量販店のオイル交換費用は比較的安く

エンジンオイル交換費用 オイル代+工賃540円~

オイルは4Lで4.000円位から高性能オイルは4Lで1万円以上の物も多数あります。

オイル交換の主な費用内容はオイル代です。

最低限選ぶオイルは先にも説明しています「化学合成オイル」を選択してください。

この「化学合成オイル」が同じ0W-20や0W-30でも1L 1000円~4000円以上までと価格差があります。

新型フォレスターには現在ターボ車は設定がありませんので、1L 1200円程度の「化学合成オイル」で十分だと思います。

オイル交換工賃は1000円程度、エレメントの交換工賃も1000円程度が通常の様です。

新型フォレスターは4Lのエンジンオイルを使いますので、

オイル4Lで4800円。工賃1000円で5800円(税別)が最低価格の目安でしょう。

価格の高いオイルを使えば価格はもっと上がりますが、

新車に超高性能なオイルは必要ないと思っています。

考え方によりますが、新車だからこそ、高性能な高いオイルを交換したいという方もいらっしゃるかもしれませんが、

高価なオイルであれば長距離乗っても大丈夫ということではありません。

「化学合成オイル」0W-20又は0W-30を5,000Kmごとにきちんと交換する方がエンジンには良いと思います。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

【新型フォレスター】が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

新型フォレスターが値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この新型フォレスター、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新型フォレスターの購入を検討しているけど
悩みが尽きない…
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。
そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

一括査定よりも高く売れる新しい車買取サービス

一括査定はもう古い!電話はユーカーパック1社からだけ!
一括査定のように大量の電話が鳴ることはありません!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
出張査定では 80 万円になることも
多々あります。
ユーカーパック出張査定は「一括査定」と比べ、
『より高く』『より簡単』『より安心』に
車を売ることの出来るサービスです!

★査定は自宅(出張査定)か提携ガソリンスタンドで1度のみ!

スポンサーリンク