新型【フォレスター】安全性, 自動ブレーキ, 横滑り防止機能 運転しやすい?運転しにくい?

一括査定よりも高く売れるまったく新しい車買取サービス

一括査定はもう古い!電話はユーカーパック1社からだけ!
一括査定のように大量の電話が鳴ることはありません!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
出張査定では 80 万円になることも
多々あります。
ユーカーパック出張査定は「一括査定」と比べ、
『より高く』『より簡単』『より安心』に
車を売ることの出来るサービスです!

★査定は自宅(出張査定)か提携ガソリンスタンドで1度のみ!

 

 

スポンサーリンク

【新型フォレスター】運転しやすい? 運転しにくい?

スバル・新型フォレスターの安全性能 自動ブレーキアイサイト、横滑り防止機能についてと、新型フォレスターは他のSUVと比べ、運転しやすいのか運転しにくいのか口コミを参考に調べてみました。スバルは他社に先駆け自動ブレーキアイサイトを採用し、安全性能でスバル車を選ぶ人も多くいます。

新型フォレスターの運転のしやすさ。

運転しやすいSUVの条件を3つ書き出してみます。

・車体幅が広すぎない
・座席位置が高いこと
・ボディーの大きさが直感的にわかること

 

運転席に座り、初めに感じるのは座席位置が高い事、ガラス面積の大きさと周囲の視界の良さでしょう。

フロントガラス同様、リヤガラスも、左右の窓も十分な大きさで、周囲が直接視認できる構造になっています。

また、この広ガラスエリアは、安全性のみでなく、本格派SUVらしさも、盛り上げていると感じました。

フォレスターはちょうど扱いやすいサイズ感。

ボディー形状も四隅がわかりやすい形状で運転しやすい要因で、ボディも大きすぎず、SUVとしては小回りがきき、

アクセルの反応も発進や加速がスムーズで扱いやすいです。

車内も広く、実用性が高いファミリーカーとしても使い勝手が良いクルマです。

一方で、新型フォレスターは、オフロードも走れる本格派SUVという位置づけでもあり、

運転席の座面位置の高さがライバル車よりも高めに設定されている事も運転しやすさにつながっているはずです。

最近はスタイリッシュなクーペスタイルのSUVや、クロスオーバーSUV車が主流になっていますが、

運転のしやすさや視界の良さは、新型フォレスターのような本格派SUVの方がやはり有利なボディー形状でしょう。

新型フォレスターが運転しやすいと感じるのは、見切りの良さも大きいでしょう。

最近のSUVはノーズが長く、先端が下がっているタイプが多いですが、新型フォレスターは、ボックス型のボディデザインを採用しているため、ボンネットの先端が見やすくなっています。

新型フォレスターは、メーカーオプションで死角をカバーするするアイサイト セーフティプラスも用意されています。

車庫の出し入れや、信号のない交差点など直接見ることが出来ない部分もアイサイト セーフティプラスなら安全を確認してから発進できる安心装備が利用できます。

新型フォレスターの運転のしやすさについての口コミを紹介します。

<運転のしやすさ>
・今まで自家用車では軽自動車でしたが、フォレスターは本当に運転しやすいです。
視界がいいので、前後間隔はバッチリつかめます。

嫁が、今のところ、納車当日から普通に乗っています。
(ぶつかるから運転したくないとビビって、そのため運転をしたくないタイプのお方)

車購入の際、最後まで、SUVやミニバンは運転しにくいから、嫌だと言っていましたのですが。安心しました。良かったです。

・>フォレスターは本当に運転しやすいです。
ほんとにそう思います(*^^)v  視界がよく、見切りが抜群ですからね!
車体の大きさが実際に比べて小さく感じる程に運転し易いと思います。

怖がりの?奥様が普通に運転できるわけですから、いかに運転しやすいかの証明になりますよね。
近年の車で視界の良さを心底実感出来るって、スバルが最右翼ではないでしょうか。

様々なメーカーの試乗車に乗るといかにスバルのピラー周辺やリヤの視界が優れているか分かります。昔から0時安全に重きを置くスバルならではの美点と思います。
フォレスター確かに、運転しやすいです。

・軽自動車2台の前は、独身時代含めてトヨタのプリウス、オーリス、ウイッシュ、
その前は日産のウイングロード、スカイライン、パルサー、あっ懐かしい!?
に乗っていました。

個人的な意見では、今まで乗ってきた車の中で、フォレスターが一番運転しやすいです

・3ナンバーで車高も高く、大き目の車なので、女性には運転しにくいのかと思っていましたが、運転しやすくてびっくりしています。
毎日のように、買い物や子どもの習い事の送迎に使っておりますが、少しアクセルを踏むだけで、スムーズに加速してくれます。
引用:http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000438291/SortID=19390377/

スポンサーリンク

【新型フォレスター】安全性 自動ブレーキ

 

新型フォレスターに搭載されている、自動ブレーキ。

自動ブレーキで衝突を避けるプリクラッシュブレーキ

他社に先駆けて実用化されたことでスバル・アイサイトは自動ブレーキのシンボル的存在と言う人もいます。

このアイサイトは2014年に「ver3」に進化しましたが、新型フォレスターにアイサイト「ver4」を期待する人も多かったようです。

アイサイト「ver4」の発表はまだ2~3年先になるとの見方が多いことが検索の結果でした。

アイサイトの最大の強みは人が目視しているかのようなカメラシステムでしょう。

人の目と同じように左右2つのカメラで立体的に周りの状態をチェックします。

前方や周囲のクルマとの車間距離、並走車の速度、形状、先行車以外でも歩行者や自転車、車線も認識します。

スバルのアイサイトは高い探知度があると言って良いでしょう。

スバル以外の自動車メーカーはレーダーのみやレーダーとカメラなどで周囲を認識しますが、

スバルは全車速追従機能付きクルーズコントロール(ACC)、アクティブレーンキープ機能、

誤発進抑制機能、歩行者対応自動ブレーキなどを左右2つのカメラで立体的環境を把握して制御しています。

クルマを運転していると、ハッとすること、危険に気付くのが遅れたことは誰でも経験があるでしょう。

そのような時に威力を発揮するのが新型フォレスターの「自動ブレーキ(プリクラッシュブレーキ)」です。

自動ブレーキは、自らブレーキで危険回避操作、急制動が必要な時には制動力を増加させます。

また追突・衝突の危険がある場合には自動でブレーキがかかります。

 

また、AT誤発進、後進抑制制御機能で、進行方向に人や障害物が感知されると警告表示、警報音を発し、瞬時にエンジンの出力を抑制、発進速度をマイルドにします。

新型フォレスターのアイサイト(ver.3)の自動ブレーキ(プリクラッシュブレーキ)は衝突しないため回避を目指したシステムです。

アイサイト(ver.3)の基本メカニズム

スバルは全てのアイサイト性能を進化させています。

スバル独自の運転支援システム アイサイト(ver.3)は、ステレオカメラで常時前方をチェックし、必要に応じてクルマを制御する、運転支援システムです。

“ver.3″ではステレオカメラを一新し、視野角と視認距離を約40%拡大することで認識性能を向上。

さらにカラー画像化によってブレーキランプの認識も実現しました。

このカメラは人の目と同じように距離と形状を認識することが可能。

クルマだけでなく、白線やガードレール、歩行者や自転車まで認識できます。

これにより従来の運転支援機能を進化させるとともに、ステアリング操作のアシストや誤後進の抑制など、新たな機能も搭載しています 。

逆光など今まで不可能であった、視認環境下での作動安定性も高められました。

高精度な情報と自車の走行状況をもとに、ソフトウェアが必要な制御を判断。

状況に合わせて高度な運転支援を成功させています。

走行状態や警告表示はメーター内のディスプレイで確認できます。

 

自動ブレーキ(プリクラッシュブレーキ)はバック時には自動ブレーキの作動はしません。

但し、「AT誤後進抑制制御」という機能があり、後退時にペダルの踏み間違いなどによりアクセルペダルが必要以上に踏み込まれたとシステムが判断したとき、

エンジン出力を制限し急な後退を抑制したり、必要以上に加速しないよう車速を制限するといった機能があります

アイサイトは信頼性が高く、高性能なのは認めれれていますが、新型フォレスターにアイサイト(ver.3)が搭載されたことには厳しい口コミも見受けられます。

・何のためのフルモデルチェンジなんだろう?
旧式のアイサイト(ver.3)装備で、買う人いるのかな?

・アイサイト3が旧式?
まだアイサイト4は出ていないと思うけど?

・そう思いますよね。同感です。
実質はSGPと内装他が変更点としてはメインでしょうね。
これといったアピールは・・・。
FMCのいい所はエクステリアのチェンジを
大胆に変更できることなんですけどね。

・フォレスターはフルモデルチェンジするから
アイサイト3でも充分売れますよね。
フォレスターのアイサイトversion5は
2019年あたりではないですか。

・アイサトが、バージョン3.2(3.5)があるとは、知りませんでした。
ほとんどのサイトでは、「最新のアイサイトを搭載」だけしか発表していません。

引用:http://bbs.kakaku.com/bbs/

自動ブレーキで衝突を避けるプリクラッシュブレーキ

 

誤後進とシステムが判断した場合、出力を抑え後進をゆるやかにします。

ブレーキ性能

自動車のセーフティ性能にストレートつながるブレーキ性能。

新型フォレスターはそのパフォーマンスを上げるだけではなく、ブレーキの「確実性」にもこだわって進化しています。

確実性のあるブレーキとは、ブレーキペダルの踏み具合に応じて制動力を発揮する操作性。

日常は扱いが楽で、急ブレーキが必要な時には確実な急制動をしてくれる。路面状況に左右されることなく、乾いた路面でも、ぬれた路面でも、同じような制動力を得られることを目指し進化を繰り返しています。

新型フォレスターは様々な環境、路面で試験をし続けています。

EBD付ABS

EBD付ABS ABS(アンチロックブレーキシステム)は、フルブレーキでのタイヤロックを感知すると、ブレーキ油圧を緩和。雪道や、ぬれた路面でも確実な制動力とハンドリングパフォーマンスをキープします。

EBD(電子制御制動力配分システム)は、フロントタイヤとリヤタイヤの回転速度の違いを感知し、ドライヴ状況に合わせてちょうど良いパーセンテージで制動力を前後タイヤにに割り当てるメカニズムです。

ABSとEBDの組み合わせることによって、危険回避時は運転者をフォローし、滑りやすい路面での制動力を最適に発揮させています。

ブレーキアシスト/ブレーキオーバーライド

ブレーキアシスト

不意な急ブレーキが必要な時、運転者の多くのの人はペダルを最大の力でふくことが出来ません。

普段の走行ではフルブレーキを踏むことはないからです。

新型フォレスターブレーキアシストは、ブレーキペダルを踏み込む速度と量に反応し、必要と検知されたときには、自動でブレーキ力を増大させるシステムが取り入れられています。

ブレーキオーバーライド

運転中のアクシデントによりアクセルとブレーキペダルが同時に踏まれた時には、ブレーキ操作を優先させる機能です。
ブレーキ操作の人的ミスを未然に防ぎ、事故の防止に役立ちます。

スポンサーリンク

走行安定性

新型フォレスターは、水平対向エンジン、シンメトリカルAWDという基本的な安全性性能を土台に、ボディ構造、足回り進化させ、車両制御付属装置なども採用。

さまざまな面から安全走行性能を発展させ、安心と安定した走行性能を作り出しているのが新型フォレスターです。

 

VDC(ビークルダイナミクスコントロール)

カーブで車が滑りかけた際に、この装備が威力を発動します。新型フォレスターの走行状態を各種センサーで常に検知し、思い道理の走行状態に近づけるよう運転者をフォロー。

コントロールの限界付近では、4輪個別のブレーキ制御、エンジン出力制御、AWDトルク配分制御などを行い、横滑りなど自動車の不安定な挙動を抑えます。

アクティブ・トルク・ベクタリング

コーナリング性能や急ハンドル危険回避性能をさらに高める新機能です。

旋回時、VDCによってフロントの内輪側にブレーキをかけることで相対的に外輪側の駆動力を大きくし、自動車が外へ膨らむのを抑制。

なめらかかつ安定したスタンスで旋回できるようフォローします。

オートビークルホールド

停車した時など、ブレーキペダルから足を離しても停止状態をたもちます。

坂道や信号待ち、渋滞等、通常の運転時に運転者の運転ストレスを軽くします。

シンメトリカルAWD

シンメトリカルAWDは、前後左右のウェイトバランスに優れ、4輪全てバランスよくウェイトと駆動力をディストリビューションできます。

また、本来低重心の水平対向エンジンを採用しているうえ、重いトランスミッションをボディーの重心近くにレイアウトしているため、安定した走行とシャープなステアリングレスポンスを可能にしました。

サスペンション設計

フロントサスはストロークを長くキープし、ボディーが路面のパターンに合う様にデザイン。高い走行安定性と敏捷性を実現します。リヤサスは、路面に対してタイヤをしっかりと垂直に保ち、確実に衝撃を吸収します。

前後のサスペンションがお互いにフォローし合い、シャープな操縦性とスムーズな乗り心地を実現します。

頑丈かつしなやかなフレーム

ボディ剛性が弱いフレームでは、コーナーでフレーム全体が揺れ、意外な動きをすることがあります。

新型フォレスターは、新型環状力骨構造ボディをベースに、ボディや足まわりの剛性を高め、正確なレスポンスと信頼性の高い操縦安定性を実現しました。

【新型フォレスター】横滑り防止機能

ライントレース性

コーナーの進入、走行ラインをイメージどうりに走ります。ぬれた路面や雪道に、普段道理にコーナーに入り、思い通りのラインで抜けていく事が出来ます。

新型フォレスターには、正確で安全なコーナリングを実現するさまざまな機能が装備されています。

VDC[ビークルダイナミクスコントロール]

横滑りなど自動車の不安定な挙動を抑えるVDCを全グレードに標準装備。

コントロールの限界付近では4輪個別のブレーキ制御などによってドライバーをアシストし、コーナリングや急な危険回避の時の安定性を高めます。

アクティブ・トルク・ベクタリング

リスクヘッジとコーナリング性能に貢献する最新機能。

旋回時、VDCによって内輪側にブレーキをかけることで相対的に外輪側の駆動力を大きくし、旋回性能を高めます。

フォレスターはグレードに標準装備することで、車高の高いSUVであっても運転者が思いどうりの走行ライン通りに、スムーズかつ安定した姿勢で旋回できるようフォローします。

危険回避性能

スバルグローバルプラットフォームの採用で、ステアリング操作に対するシャープさと、走行安定性がアップ。

ドライバーの思い道理の走りができるようになり、突然の回避行動、ステアリング操作にもフォレスターはシャープに答えてくれます。

車高の高いSUV特有の不安定感も少く、急なリスク回避が必要な場面、急カーブや高速道路におけるレーンチェンジなどでも、新型フォレスターは挙動が不安定になりにくい構造にしています。

 

【新型フォレスター】が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

新型フォレスターが値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「この新型フォレスター、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新型フォレスターの購入を検討しているけど
悩みが尽きない…
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。
そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

一括査定よりも高く売れる新しい車買取サービス

一括査定はもう古い!電話はユーカーパック1社からだけ!
一括査定のように大量の電話が鳴ることはありません!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
出張査定では 80 万円になることも
多々あります。
ユーカーパック出張査定は「一括査定」と比べ、
『より高く』『より簡単』『より安心』に
車を売ることの出来るサービスです!

★査定は自宅(出張査定)か提携ガソリンスタンドで1度のみ!

スポンサーリンク