新型【フォレスター】エコカー減税 自動車税 まとめ!

乗り換えの人は必見!下取り車は必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

愛車を賢く・高く売るなら一括査定
実績豊富な優良の買取会社が対応するから安心!
完全無料!登録は1分簡単依頼!
価格に納得できなければキャンセルも簡単安心!

スポンサーリンク



スポンサーリンク

【スバル・フォレスター】エコカー減税

こちらのページでは新型フォレスターのエコカー減税、自動車グリーン税制、その他費用に関してまとめました。

新型フォレスターは、今回のフルモデルチェンジでエコカー減税対象車は2.0マイルドハイブリッドのe-BOVER「Advance」のみとなります。
残念なことに2.5L【Touring】【Premium】【X-BREAK】はエコカー認定されていません。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

Advance

車両本体価格 3,099,600円(消費税8%込)

自動車取得税:31,000円 (40%減税)
自動車重量税:15,000円 (50%減税)
エコカー減税:46,000
自動車税  :19,500円※(概ね50%減税)
減税総額  :65,500円優遇

自動車グリーン税制(登録翌年度適用)

Advance パワーリヤゲート&大型サンルーフ装着車

車両本体価格 3,207,600円(消費税8%込)

自動車取得税:48,100円 (60%減税)
自動車重量税:22,500円 (75%減税)
エコカー減税:70,600 円
自動車税  :19,500円※(概ね50%減税)
減税総額  :91,100円優遇

自動車グリーン税制(登録翌年度適用)

パワーリヤゲート、大型サンルーフのメーカーオプションを装備する事で車両重量が1660kg以上となった場合、軽減率は取得税60%、重量税75%となります。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

車両重量1660kg未満の場合は、軽減率が取得税40%、重量税50%となります。

エコカー減税とは、環境性能に優れたクルマに対する税金の優遇制度です。
対象となる新車を購入した場合、「自動車取得税」および「自動車重量税」が軽減されます。
また、自動車グリーン税制により、翌年度の「自動車税/軽自動車税」も軽減されます。

スポンサーリンク

【スバル・新型フォレスター】自動車税

平成30年度は、下記の条件に当てはまる場合に減税となっています。
但し、適用されるのは、新車登録を行った翌年度分の自動車税のみ(新車購入の翌年度の1回)が対象です。

引用:https://annai-center.com/documents/jizei.php

引用:https://annai-center.com/documents/jizei.php

スバル新型フォレスター2.0マイルドハイブリッドのe-BOVER「Advance」の自動車グリーン税制は
新車登録を行った翌年度分のみ概ね50%減税となり翌年度分のみ自動車税額は19,500円となります。

2.5L【Touring】【Premium】【X-BREAK】は対象外となり45,000円になります。

自動車税とは

自動車税とは、毎年4月1日午前0時の時点で自動車の所有者(ローンで所有権が留保中の場合は使用者)に対して課税される税金のことです。税額は用途や排気量などで異なり、一部の低公害車(電気自動車やハイブリッドカーなど)には税額の軽減措置がとられています。
自動車税の納付は、毎年5月に管轄の自動車税事務所や都税総合事務センターから、自動車税納税通知書・納付書が送られてきます。コンビニやPay-easy(ペイジー)などでも納税が可能ですので、指定の期日までに納税を行って下さい。

引用:https://annai-center.com/documents/jizei.php

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

自動車税とは。

自動車税の税額は、自動車の種類(普通・小型・大型特殊・小型特殊)、用途(乗用・乗合・貨物・特殊用途)、排気量などにより決められています。

毎年4月1日時点での車検証上の所有者に対して発生する税金で毎年納める税金が「自動車税」。

軽自動車の場合は「軽自動車税」です。
軽自動車の「軽自動車税」は排気量に関わらず用途により税額が決まっています。

自家用乗用車:10,800円

営業用乗用車:6,900円

三輪    :3,900円 と規定されています。

自動車税の金額は、「自動車の種類、用途、排気量など」によって変わります。
排気量に応じて10段階にわかれていて、5月31日までに収める必要があります。

エンジン排気量によって10段階に分かれています。

「自家用車」自動車税額は

  • 1L以下:29,500円
  • 1.0~1.5L以下:34,500円
  • 1.5L~2.0L以下:39,500円
  • 2.0L~2.5L以下:45,000円
  • 2.5L~3.0L以下:51,000円
  • 3.0L~3.5L以下:58,000円
  • 3.5L~4.0L以下:66,500円
  • 4.0L~4.5L以下:76,500円
  • 4.5L~6.0L以下:88,000円
  • 6.0L:111,000円
  • 軽自動車:10,800円(一律)

となっています。

また、環境負荷が大きく自動車税が重課されるのは、新規に新車登録してから

  • ガソリン車やLPG車は4月1日現在、13年を経過したもの
  • ディーゼル車は4月1日現在、11年を経過したもの

となります。

スポンサーリンク

【スバル・フォレスター】費用

新型フォレスター購入時にかかる費用は、
車両本体価格
メーカー・ディーラーオプション費用

プラス、新規登録費用、税金等となります。

新車登録時に掛かる別途支払い諸費用を紹介します。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

Advance

別途支払諸費用

諸費用総額 177,830 円

内訳

税金保険料        : 121,180 円
登録諸費用        : 45,740 円
リサイクル費用 : 10,910 円
合計                  : 177,830 円

別途支払諸費用の明細
税金保険料内訳

自賠責保険 37ヶ月 : 36,780 円
自動車重量税         : 15,000 円
自動車取得税※     :49,700 円
自動車税               :19,700 円
合計                     :121,180 円

登録諸費用内訳
登録諸費用 45,740 円

Touring Premium X-BREAK

別途支払諸費用

諸費用総額 238,030 円

内訳

税金保険料   :181,380 円
登録諸費用   :45,740 円
リサイクル費用 :10,910 円
合計      :238,030 円

別途支払諸費用の明細
税金保険料内訳

自賠責保険 37ヶ月: 36,780 円
自動車重量税   :49,200 円
自動車取得税※  : 72,900 円
自動車税     : 22,500 円
合計       : 181,380 円

登録諸費用内訳
登録諸費用            : 45,740 円

※自動車取得税はメーカーオプションにより変わります。
概算の明細になります。正確な金額はディーラにて確認してください。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

「エコカー減税」まとめ

新車の契約の場合、金銭面でキーポイントとなる一つが「エコカー減税」でしょう。

「エコカー減税」という名前を知っている人はたくさんいらっしゃいますが、内容を理解している人はどのくらいいますか?

対象になるクルマの条件や減税・優遇率は改定されていることもあって、最新の「エコカー減税」の内容を把握すれば新車購入に役立つでしょう。

2018年の「エコカー減税」のシステムに関して、何%減税になるのか、何時まで適用されるのかお伝えします。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

「エコカー減税とは何か?」

優遇・減税の対象になる「クルマの税金」を説明いたします。

それを踏まえてエコカー減税と自動車グリーン税についてお伝えしていきます。
「エコカー」とは、国土交通省が決定した排ガス、燃費基準をパスしたクルマの全体の呼び方です。
エコカーは燃費が良いというメリットのほか、国の促進によって、税金面てもメリットがあります。

これが「環境性能」に優れた車種のみに適用となる『エコカー減税』です。

「エコカー減税」は、燃費がよく、排気ガスがクリーンなクルマを普及させることを目的に2009年にはじめました。
当時は3年間の限定措置の予定でしたが、排出基準を厳しくしつつ現在も続けられているのは、CO2削減には、エコカー普及が重要であると国が認識、推進しているからです。

「エコカー減税」が適用されるクルマのタイプは、2つに分かれます。

1 ガソリン車とハイブリッド車。

2 電気自動車・クリーンディーゼル車・天然ガス自動車・燃料電池自動車・プラグインハイブリッド自動車等の次世代自動車と呼ばれるものです。

自動車にかかる税金のうち減税されるのは、「自動車取得税」「自動車重量税」「自動車税」の3つになります。
エコカーのアピールポイントは、この3つのの税金が減税・免税されるということです。

2018年現在の「自動車取得税」「自動車重量税」「自動車税」に関する扱いを見ていきましょう。

新エコカー減税概要

新しいエコカー減税では、適用される車種の燃費基準が厳しくなったと考えれば良い。

排出ガス性能については、平成17年度基準75%低減レベルが十分に厳しい水準であり、これが継続されることになっている。

自動車重量税これまでのエコカー減税では、2015年燃費基準と2020年燃費基準の達成率に応じて減税幅が決められていた。

この仕組み自体は基本的に変わらないが、これまでは2015年燃費基準+5%でも自動車重量税が25%減税になっていたが、新エコカー減税では、2015年基準+10%が最低条件になる。

自動車取得税自動車取得税も同様に燃費基準の条件が厳しくなる。

これまでは2015年基準+5%から減税の対象になって20%の減税が受けられ、2020年度基準+20%を達成すれば免税になっていた。

新エコカー減税では、最初の1年間は2015年基準+10%で20%の減税だが、翌年は2015年基準ではダメで、2020年基準達成でやっと20%の減税になる。

免税の基準も最初の年は2020年基準+30%で良いが翌年は+30%だと80%の減税にとどまり、燃費基準+40%で免税になる。

なお、電気自動車、燃料電池車、プラグインハイブリッド車、天然ガス自動車、クリーンディーゼル乗用車など、そもそも環境性能が高い車種についてはすべて非課税である。

自動車税グリーン化特例毎年5月に納税する自動車税については、グリーン化特例という形で減税が行われている。

グリーン化特例とは、2016年度までは2015年燃費基準+20%を達成すると50%の減税になり、

2020年度基準+10%達成で75%減税になっていたが、

2017年度からは2020年度燃費基準+10%達成では50%の減税、燃費基準+30%達成で75%減税になる。

なお、電気自動車、燃料電池車、プラグインハイブリッド、天然ガス自動車、クリーンディーゼル乗用車などは、いずれも条件設定なしで75%の減税となるのは2016年度までと変わらない。

引用:国土交通省HP

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

「自動車税グリーン化特例」とは?

「グリーン化特例」は、燃費性能、排出ガス性能が秀逸のクルマに対し、
スペックにあわせて自動車税、軽自動車税を減税する仕組の事を言います。

また、新規登録等から一定年数が経過した車

ガソリン車およびLPG車は13年超

ディーゼル車は11年超

に対しては重課する制度でもあります。

「自動車税グリーン化特例」に適合しているクルマに対し、
減税が適用されるのは購入時の自動車税ではなく、
翌年分の自動車税に適用されます。

引用:国土交通省HP

 

適用期間

自動車取得税:
平成30年4月1日〜平成31年3月31日 新車登録/届出分まで

自動車重量税:
平成30年5月1日〜平成31年4月30日 新車登録/届出分まで

自動車税/軽自動車税:
平成31年3月31日 新車登録/届出分まで

引用:https://www.subaru.jp/ecocar/tax/index.html

乗り換えの方は必見!フォレスターが値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「このフォレスター、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

愛車を賢く・高く売るなら一括査定
実績豊富な優良の買取会社が対応するから安心!
完全無料!登録は1分簡単依頼!
価格に納得できなければキャンセルも簡単安心!

そんな方にオススメの裏ワザを

ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



スポンサーリンク