新型【フォレスター】燃費 実燃費 燃費向上!平均実燃費を口コミを基に調べてみました!

乗り換えの人は必見!下取り車は必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

愛車を賢く・高く売るなら一括査定
実績豊富な優良の買取会社が対応するから安心!
完全無料!登録は1分簡単依頼!
価格に納得できなければキャンセルも簡単安心!

スポンサーリンク



【新型フォレスター】燃費 実燃費 燃費向上!平均実燃費を口コミを基に調べてみました!
2018年7月に発売された新型フォレスター。
2.5Lガソリン車Touring、 Premium、 X-BREAKの燃費はJC08モードで14.4~14.6 km/L 。
WLTC燃費 WLTCモード総合燃費 13.2 km/L 。
2.0Lマイルドハイブリッド車Advanceの燃費はJC08モードで18.6km/L。
WLTC燃費 WLTCモード総合燃費 14.0 km/L。
とカタログにはあります。

このページをご覧のあなたが知りたいのは、カタログを見れば分かる燃費ではなく、ご自分が運転したときの実燃費だと思います。
ですので平均実燃費を口コミを基に調べてみました!

【新型フォレスター】燃費 実燃費 燃費向上

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

スポンサーリンク

【新型フォレスター】燃費

2.0L水平対向ガソリンエンジン+モータ(e-BOXER)

JC08モード燃費 18.6Km/L
WLTCモード総合燃費 14.0Km/L
WLTC:高速道路モード 16.0Km/L
WLTC:郊外モード 14.2Km/L
WLTC:市街地モード 11.2Km/L

2.5L水平対向ガソリンエンジン

JC08モード燃費 14.4~14.6Km/L
WLTCモード総合燃費 13.2Km/L
WLTC:高速道路モード 16.4Km/L
WLTC:郊外モード14.6Km/L
WLTC:市街地モード 9.6Km/L

残念ながら、上記の数字が実燃費ではないのは皆さんもご存知でしょう。
日本のJC08モード表記は低燃費走行専門のプロドライバーが計測ルールにのっとり、

極限まで伸ばした低燃費走行の結果を計測した距離だからです。

一般的にはカタログ燃費JC08モードの70%位が実燃費だと考えて良いでしょう。

このページをご覧のあなたが知りたいのは、カタログを見れば分かる燃費ではなく、ご自分が運転したときの実燃費だと思います。
ですので、すでに新型フォレスターを乗っている方の口コミを基に平均的な実燃費も調べてみました。

その前に、新型フォレスター「e-BOXER」ハイブリッドエンジンの情報を。

スバル 新型フォレスター2.0Lマイルドハイブリッド車Advanceの燃費はJC08モードで18.6km/L。
ただしWLTCモード燃費を見ると話が少し変わってきます。

WLTCモードの総合燃費は、2.5リッターが13.2km/L。

e-BOXERのアドバンスが14km/L。

WLTCの市街地モードも2.5リッターが9.6km/L、ハイブリッドe-BOXER11.2km/Lでハイブリッドのアドバンスが勝っています。

意外なことに、WLTCの郊外モードは2.5リッター14.6km/L、ハイブリッドe-BOXER14.2km/L。

高速道路モードは2.5リッター16.4km/L、ハイブリッドe-BOXER16km/Lとなり、

2.5リッターの燃費がe-BOXERの燃費を上回り逆転しています。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

ハイブリッドe-BOXERは、発進、停止を多く繰り返す街乗りではで素晴らしい低燃費性能を発揮しますが、
市街地から離れたところや高速道路で燃費数値が逆転してしまうとなると燃費性能で購入判断するのは難しくなってきます。

やはり新型「フォレスター」で気になるのがハイブリッド・モデルの実燃費でしょう。
今回のグレードバリエーションでは「Advance」に「e-BOXER」ハイブリッド2.0L水平対向ガソリンエンジン+モーターが搭載されています。
ベースグレードTouring、 Premium、 X-BREAKは2.5L水平対向ガソリンエンジンですが、ハイブリッドは2.0L水平対向ガソリンエンジン+モーターとなっています。

「e-BOXER」ハイブリッドエンジンはどのような仕様なのでしょうか?

高速道路の燃費では2.5Lに負けてしまっています。
その原因は、スバル特有の「e-BOXER」ハイブリッドの仕様にあります。
スバル「e-BOXER」の特徴は、モーター出力が小さいこと。

10kW(13.6馬力)/66Nmのモーターが1つ装着のみです。

スバルの発表では、モーターはあくまでパワーアシストの為の物だそうです。
スバル「e-BOXER」は高速走行では「EV走行」は、あまり期待できないシステムということになります。

モーター出力が小さい2.0Lエンジン+ハイブリッドの特性が高速走行では、高燃費は期待できない仕様になってしまっているのでしょう。

スポンサーリンク

【新型フォレスター】実燃費 燃費確認

2018/08最新口コミ

スバル 新型フォレスター2500cc(SK9)CVT 4WDの実燃費の口コミ情報を調べてみました。

引用:https://e-nenpi.com/enenpi/cartype/13391

スバル フォレスター ツーリング / X-ブレイク / プレミアム 2500cc(SK9)CVT 4WD
オーナーによる口コミでの実燃費は平均燃費:10.92km/Lという結果でした。

スポンサーリンク

【新型フォレスター】燃費向上

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

ほんとに効果のあった燃費向上グッズ!?

口コミ

ほんとに効果のあった!燃費向上グッズ

本当に燃費向上するのであれば、メーカーが最初から標準装備しているように思えます。

燃費向上に効果がある物は存在するのかもしれませんが、
それが高価であっては意味が無いでしょうね。
(浮いたガソリン代や、製造コスト、エネルギーなどの元が取れない。)

それがメーカーが採用しない理由じゃないですか?
(環境問題を解決するために触媒に白金使ってるくらいかな、
メーカーが積極的に高価な物を投入した事例は。)

エゴ運転にならない程度に、アクセルを踏むのを抑えるのがもっとも効果的。

まあ、この手のグッズは信じる者はなんとやらですから。
スレとずれますがデジカメなんかの液晶保護フイルムは純正出てないけどよく売れてますね。不思議だ!

向上効果はあっても費用対効果がないのなら一杯ありますよ。
どれも元が取れないグッズばかりです。

エンジン周りのアーシングぐらいじゃないですかね。費用対効果がそこそこ見込めるのは。
でも近年、メーカーが自らやりだしているようですが。
数点程度で。以前ヤフオクでは20数点もつなぐタイプが出品されていたことがありますが。
どことどこをつなぐか、そのノウハウの方が大切なようです。

上記のような燃費向上グッズの口コミも見つかりました。

ネット上で数多く売られている燃費向上を謳うグッズに過度の期待はしないほうが良さそうですね
燃費向上に効果があっても費用対効果ではかえって損をしてしまう物も多いようです。

燃費向上を狙えるものとして一つだけ挙げれば、「エコタイヤ」への交換でしょうか。

タイヤは消耗すれば交換せざるを得ないもので、このタイヤが燃費向上に役立つならばそのタイヤをチョイスすることは悪くないのではないでしょうか?

フォレスターに関しては、エコタイヤより、悪路走破性の高いタイヤを選ぶ方が多いような気もしますが・・・

燃費向上には自動車メーカーも技術を駆使して現在の数値を出している。
燃費向上を謳う後付けパーツも費用対効果ではあまり期待できない。

となると、一番効果のある燃費向上は、

運転者のアクセルワーク、運転の仕方によるものが一番効果的なのではと思わされますね。

燃料を一番消費するタイミングが「発進時」と言われています。
発進時にいかにアクセルをゆっくり踏み、車をゆっくし発進させるか。

前を走る車の状態、先の信号の状態等をを見越し、なるべく停車しないで済む様運転することも燃費向上には役立つでしょう。
当然、他の車に迷惑をかけない範囲、安全運転を心がけの上でのことになりますが・・・

ということで、燃費向上に対してご自分で出来ることは、タイヤ交換時にエコタイヤを選ぶ。

急発進、急停車をなるべく避ける。急加速も燃費悪化の原因となりますので
急加速もなるべく避ける。

普通に安全運転を心がければ、燃費向上に繋がるという結果に落ち着いてしまいました。

今後も燃費向上に費用対効果を考えたうえで「明らかに効果が出た」と言う情報は探し続けますので、
その時には追記いたしますのでよろしくお願い致します。

乗り換えの方は必見!フォレスターが値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「このフォレスター、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

愛車を賢く・高く売るなら一括査定
実績豊富な優良の買取会社が対応するから安心!
完全無料!登録は1分簡単依頼!
価格に納得できなければキャンセルも簡単安心!

そんな方にオススメの裏ワザを

ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



スポンサーリンク